SPEAKERS

国・分野・性別を問わず、先進的な取り組みを実践してきたスピーカーたちが登壇します。
Expect speakers of all sorts, pioneers and forerunners of different fields, countries and sexes.

  • BARBARA SOLTYSINSKA

    Co-founder and CEO, indaHash

    After inventing, co-founding and subsequently selling the controlling stake of the hugely successful LifeTube – the biggest YouTube MCN in CEE – launched her new business indaHash. Winner of numerous internal and external awards - given the title of EY Entrepreneur of the Year, considered to be one of the "100 Most Inspiring People" in the Polish interactive business sector, became the first woman to win the “Man of the Year” award by the MIXX awards IAB 2015 for her "outstanding contribution to interactive marketing and advertising". Nominated for titles like “Woman in Business” and “Man of the Year - Internet” and received honorable mention for “Business Woman of the Year”.
  • CINDY GALLOP

    Founder, MakeLoveNotPorn

    ツイッターでフォローすべき広告業界人の第1位に選出された、カリスマ起業家。Marketing guru turned porn revolutionist-She is known as number one on their list of Top 30 People In Advertising To Follow On Twitter.

    シンディ・ギャロップ氏は、ブランド構築、マーケティング、広告を専門としており、1998年に広告代理店Bartle Bogle Hegartyの米国オフィスをニューヨークで立ち上げ、2003年にはAdvertising Woman of the Yearに選ばれました。ギャロップ氏は、TED 2010でベータ版が発表された相互作用ソフトウェアIfWeRanTheWorldの設立者であり、そのCEOを務めると同時に、良好な性的行動と性的価値を促進するためにデザインされ、TED 2009で発表したソーシャル・セックス・プラットフォームMakeLoveNotPorn – ‘Pro-sex. Pro-porn. Pro-knowing the difference’の設立者でもあります。 彼女は、Twitterの「テクノロジー分野で最も影響力のある女性100名」の33位であると同時に、「広告業界でフォローすべき人物30名」の1位になったことで知られています。Twitter @cindygallop  
    Cindy Gallop is brandbuilding, marketing and advertising - she started up the US office of ad agency Bartle Bogle Hegarty in New York in 1998 and in 2003 was named Advertising Woman of the Year.  She is the founder and CEO of IfWeRanTheWorld, co-action software launched in beta at TED 2010 as well as she is the founder of MakeLoveNotPorn – ‘Pro-sex. Pro-porn. Pro-knowing the difference’ -a social sex platform designed to promote good sexual behavior and good sexual values, which she launched at TED 2009. She is known as number 33 on their list of 100 Most Influential Tech Women On Twitter, and number one on their list of Top 30 People In Advertising To Follow On Twitter. You can follow her on Twitter @cindygallop
  • CINDY MI

    Founder and CEO, VIPKID

    中国で急成長中。4-12歳の子供向けマンツーマン語学教育プラットフォームの経営者。Cindy Mi is the Founder and CEO of VIPKID, an education technology company that connects students (aged 4-12) in China with the world’s best teachers for real-time online English immersion learning.

    教育者ならびに起業家として知られるシンディ・ミー氏は、リアルタイムの英語集中学習を目的に、中国の学童 (4歳~12歳) と世界最高の教師とを結びつける教育テクノロジー企業VIPKIDの設立者であり、CEOを務めています。 ミー氏はまず自分のことを教師と考えており、生徒、親、教師を成長させ、強くしてくれる教育の力に心酔しています。VIPKID設立以前、彼女は学校の先生であり、個別指導企業ABC Englishの共同設立者で、そこではビジネス開発と中国全土へのキャンパス拡充を主導しました。彼女は、教育とは画一的なものではないと考えています。すべての生徒にそれぞれの個性があり、個人に合った指導と好奇心に火を付けることができる素晴らしい教師との出会いによって、生徒の可能性は広がります。VIPKIDが影響力のある国際的な教育企業として成長していく中で、ミー氏はVIPKIDのミッションを忠実に守り、将来に向けて子供たちを鼓舞し、力を与え続けています。 彼女はまた、CKGSB Alumni Associationの顧問委員、Teach for Chinaの顧問を務めています。  
    Recognized for her career as an educator and entrepreneur, Cindy Mi is the Founder and CEO of VIPKID, an education technology company that connects students (aged 4-12) in China with the world’s best teachers for real-time online English immersion learning. Cindy considers herself a teacher first; she is passionate about the power of education to transform and empower students, parents and teachers. Prior to founding VIPKID, she was a classroom teacher and a co-founder of ABC English, a tutoring company, where she led business development and campus expansion across China. Cindy believes that education is not one-size-fits-all. All students are unique and the world is within their reach when connected with great teachers capable of personalizing learning and sparking curiosity. As VIPKID continues to grow into an influential global education company, Cindy remains true to VIPKID’s mission to inspire and empower every child for the future. She also serves on the advisory boards of the CKGSB Alumni Association and as an advisor to Teach for China.  
  • DIRK AHLBORN

    CEO, Hyperloop Transportation Technologies, Inc. / JumpStarter Inc.

    イーロン・マスク氏が2013年に公表した超高速次世代輸送システム「ハイパーループ」の開発に挑む。Dirk Ahlborn realized Elon Musk's dream of a profitable, fast, safe, and environmentally friendly transportation system for passengers and goods.

    ダーク・アルボーン氏はハイパーループ・トランスポーテーション・テクノロジーズ(HTT)社のCEOであり、ジャンプスターター社の創設者兼CEO。2013年に設立されたHTT社は、極めて高い収益性と安全性を備え、環境にも配慮した、超高速旅客・貨物輸送システム"ハイパーループ"の設計開発を手掛ける会社。旧来の輸送業界に革新的なイノベーションをもたらすべく、HTT社では、ジャンプスターター社の事業支援プラットフォーム『JumpStartFund』を利用して、資金調達のみならず、800名を超える世界各国の専門家を集め、研究開発を行っている。"ハイパーループ"とは、起業家のイーロン・マスク氏が発表し、世間の注目を集めたロサンゼルス-サンフランシスコ間の移動をたった30分で行える未来の輸送手段のアイデア。HTTは、このアイデアの実現に挑んでいる。 HTT :  http://hyperloop.global/ Twitter @justdirk
    Dirk Ahlborn is the CEO of Hyperloop Transportation Technologies, Inc. (HTT) and the Founder and CEO of JumpStarter Inc. Founded in 2013, HTT designs and builds the most highly profitable, fastest, safest, and environmentally friendly transportation system for passengers and goods. HTT utilizes JumpStarter’s crowdfunding and crowd collaboration platform JumpStartFund and is thus able to leverage technology and a 800+ team of global experts to bring disruptive innovation to the traditional transportation industry. Hyperloop first gained public interest when entrepreneur Elon Musk published a white paper describing a futuristic mode of transport that would transport people from Los Angeles to San Francisco in about thirty minutes. Musk handed the concept to the public and Hyperloop Transportation Technologies rose to the challenge. You can find out more at http://hyperloop.global/ and follow him on Twitter at @justdirk.
  • JANET LIEBERMAN

    CTO, Dame Products

    女性/カップル向けプロダクトのスタートアップを立ち上げた元MIT出身のエンジニア。Janet is developing and crafting well crafted wearable vibrator for couples and women in particular.

    2007年に機械工学士を取得してMITを卒業した後、ジャネット・リーバーマン氏はそのスキルを磨き、名だたる企業において新たなスキルを開発しました。Z CorporationとMakerbotでは3Dプリンターの設計に携わり、とりわけ受賞歴のあるMakerBotのReplicator Mini Compact Desktop 3Dプリンターでは、主任エンジニアおよびプロジェクトマネージャーの役割を果たしました。 家庭用電気製品に精通していたリーバーマン氏には、「バイブレーターは、良質な消費財としてあるべき形で開発、製造、販売されていない」という信念がありました。ポルノ (従来は男性をターゲットにしたもの) が、常にテクノロジーの最先端であった一方で、セックス玩具業界 (主に女性をターゲットにしたもの) は、品質と革新性という点で後れを取っていました。 世の中で起きて欲しいと願う変化を自分が主導しなければならないという信念を持ったリーバーマン氏は、その動きを促進させるためにDame Productsを設立しました。
    Janet Lieberman, Dame Products’ Chief Technology Officer, knows how to get things made. After graduating from MIT with a B.S. in Mechanical Engineering in 2007, Janet honed her skills and developed new ones at an impressive roster of companies. She’s designed 3D printers at Z Corporation and Makerbot, notably serving as the lead engineer and project manager for MakerBot’s award-winning Replicator Mini Compact Desktop 3D Printer. She was one of the first ten employees at the crowdsourcing consumer product development company Quirky, and spent time as quality engineer for multinational soft-goods brand Microdry. Intimately familiar with the consumer electronics industry, Janet had an epiphany: vibratorsweren’t being developed, manufactured, or marketed the way a quality consumer good should be. While pornography (traditionally aimed at men) has always been at the forefront of technology, the sex toy industry (largely targeted at women), lagged behind in quality and innovation. A firm believer that you must be the change you want to see in the world, Lieberman founded Dame Products to try to catalyze that shift.
  • ROYA MAHBOOB

    CEO and President, Digital Citizen Fund

    テクノロジーを通してアフガニスタンの女性支援を推し進める、Roya。TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」(2013年)に選出。Roya is using technology to change the lives of thousands of women in Afghanistan and she was named one of Time magazine’s 100 most influential people in 2013.

    ロヤ・マフブーブ氏は起業家で、Digital Citizen Fund、Bright Citizen ( Coffee& Tea)、EdyEdyのCEO兼代表取締役を務めています。彼女は、開発途上国における女性や子供の #デジタル読解力 構築に注力してきました。そして #デジタル読解力 に関する彼女の個人的な目標は、新会社およびそのプラットフォームEdyEdyを通じて、開発途上国の女性・若者に対する実践的なオンラインスキルを提供することによって、教育と雇用市場の間にあるギャップを埋めることです。マフブーブ氏はまた、Digital Citizen Fundの代表取締役兼取締役会メンバーを務め、アフガニスタンなどの開発途上国における女性のテクノロジー関連技能の向上や少年少女向けの雇用および教育機会の提供を目標に掲げるとともに、アシュフォード大学フォーブス・スクール・オブ・ビジネス、Resolution Project、Global Thinkers Forumの顧問委員として名を連ねています。
    Roya Mahboob is a serial entrepreneur, CEO and President of Digital Citizen Fund, Bright Citizen ( Coffee& Tea) and EdyEdy. She focused on building #Digital Literacy for women and children in developing countries. And her personal goal for #Digital Literacy is to bridge the gap between education and job markets by offering practical online skills in her new company and platform EdyEdy for women and youth in developing countries. Roya Mahboob is also President and board member of the Digital Citizen Fund, with aims to increase women’s technological literacy and provide employment and educational opportunities for girls and children in developing countries like Afghanistan and sits on the Advisory Board of Forbes School of Business of Ashford University, Resolution Project, and the Global Thinkers Forum organization. Roya was named to TIME Magazine’s 100 Most Influential People in the World for 2013 for her work in building internet classrooms in high schools in Afghanistan. The TIME 100 essay was written by Facebook COO, Sheryl Sandberg who is also the author of “Lean In Women, Work and the Will to Lead”. She is also a member of the 2014 Tribeca Disruptive Innovation Awards, Civic Innovators, The Advancement of Gender Equality through Education Award, Young Leader of World Economic Form in 2015 and the Overture Catalyst Award in 2017. Links to a documentary and speeches
  • 大橋 グレース 愛喜恵

    大橋 グレース 愛喜恵AKIE GRACE OHASHI

    NPO法人自立生活夢宙センター
    スタッフ
    Staff,
    NPO Center for Independent Living “Muchu”

    1988年 福島県生まれ。父が日本人、母がアメリカ人のバックグラウンドを持つ。15歳に栃木県に引っ越ししたのを機に、柔道にのめりこみ、高校在学中に柔道のアメリカ代表候補に選ばれ渡米。
    7年前に多発性硬化症など、国の指定難病を複数発症。日本で2年近くの入院生活を経て、大阪市内の「自立生活夢宙センター」と出会い、2011年に大阪市に単独引っ越し、自立生活がスタートした。
    現在は、自立生活夢宙センターのスタッフとして、重度障害がある自分自身をロールモデルに、「どれだけ重度の障害があっても、医療的ケアが必要でも、地域でも自分らしく生きることができる」ことを伝えたいと、特に、アドボカシー活動を行いながら、楽しく自立生活を実践中。
    また、NHK Eテレ『バリバラ』(日曜19:00-毎週放送)のレギュラーの一員。

    Born in Fukushima prefecture, Japan, 1988. Having Mix roots(America & Japan). When I was In high school, I started Judo and chosen as a American National team. However, I got diagnosed Multiple Sclerosis and after being in the the hospital for 2years. I met the office I am working now and started Independent Living at Osaka. Now I am doing advocacy for person with disabilities and for myself. Also, I am on the national board cast TV show(barrier-free variety show) every week as a commentator.

  • 小林 明子

    小林 明子AKIKO KOBAYASHI

    BuzzFeed Japan株式会社
    特集エディター
    Features Editor, BuzzFeed Japan Corporation

    2000年、毎日新聞社に入社。結婚・出産後、フリーライターを経て、2008年に朝日新聞出版に入社。週刊誌AERAの記者として、働き方や子育てなどのテーマを主に取材。2016年9月、BuzzFeed Japan入社。「#metoo」「国際ガールズデー」など、様々な特集企画を実施している。
    Akiko Kobayashi began her career at The Mainichi Newspapers in 2000. After marriage, becoming a mother, and a stint as a freelance writer, she joined the Asahi Shimbun Publications’ AERA magazine in 2008, where her reporting highlighted work culture and parenting. She has been with BuzzFeed Japan since September 2016. She promote special future such as “#metoo” and “International Girls Day”.
  • 井土 亜梨沙

    井土 亜梨沙ARISA IDO

    ハフポスト日本版
    「Ladies be Open」ディレクター/ブログエディター
    Director of Ladies Be Open/Blog editor,
    HuffPost Japan

    1990年生まれ。一橋大学卒業。ハフポスト日本版ブログエディター。「Ladies Be Open」のプロジェクトを立ち上げ、女性のカラダにまつわる様々な情報を発信している。1カ月間メイクしない自身の生活を綴った「すっぴん日記」なども。
    Director of Ladies Be Open, Blog editor, HuffPost Japan. Born in 1990. Graduated from Hitotsubashi University.
  • 伊藤 綾

    伊藤 綾AYA ITO

    株式会社リクルートホールディングス
    サステナビリティ推進室室長
    Executive Manager, Sustainability Promotion Dept., Recruit Holdings Co., Ltd

    出版社勤務、専業主婦を経て、2000年(株)リクルート入社。ゼクシィ事業部に配属。2006年に首都圏版編集長。出産を経て、2010年首都圏版編集長、2011年統括編集長。 “17時に帰る編集長”を目指し双子の育児との両立にトライする。2015年リクルートホールディングス  ダイバーシティ推進部部長、2016年 同ソーシャルエンタープライズ推進室室長。2017年より現職。リクルートグループのサステナビリティセクションを担当。
    She joined Recruit in 2000 after working for a publishing company and spending some time as a housewife. She was appointed to the Zexy Division and in 2006 became editor-in-chief of Zexy Tokyo Metropolitan Area. She returned to work after giving birth and served as editor-in-chief of the same magazine again from 2010. She was appointed General Chief Editor in 2011. Since 2017,She is in charge of the sustainability section of Recruit Group.
  • 森 綾

    森 綾AYA MORI

    ジュピターエンタテインメント株式会社(JCOMグループ)
    部長
    General Manager, JUPITER ENTERTAINMENT Co.,Ltd(JCOM Group)

    CSチャンネル「女性チャンネル-LaLa TV」にて、番組編成、プロモーション含めた全体マーケティングを担当。ティーンから70代以上までの幅広い層の女性に、見たいコンテンツを見たい時間にお届けできるよう日々考えています。家族は夫と2歳男児。
    Director of comprehensive marketing including programming and promotion on CS Broadcasting "female channel - LaLa TV". I am thinking about day to day for women of a wide range of teenage and over 70's to be able to deliver the content they want to watch. My family is my husband and 2 year old boy.
  • 藤本 あゆみ

    藤本 あゆみAYUMI FUJIMOTO

    一般社団法人at Will Work
    代表理事
    Board of Directors, at Will Work

    大学卒業後、2002年キャリアデザインセンターに入社。求人広告媒体の営業職を経て、入社3年目に当時唯一の女性マネージャーに最年少で就任。2007年4月グーグルに転職。代理店渉外職を経て、営業マネージャーに就任。女性活躍プロジェクト「Women Will Project」のパートナー担当を経て、同社退社後2016年5月、一般社団法人at Will Workを設立。2016年3月より株式会社お金のデザインにてPR マネージャーとしても従事。
    Started career at Career Design Center Co., Ltd, then joined Google Inc. in 2007, as a part of planning the digital marketing introduction support and establishing the advertising sales team. After that, worked as a industry head of HR industry for 2 years. In 2015, joined as a Partner Lead for Womenwill Project. In 2006, founded a general incorporated association, at Will Work as a board of directors. Also a public relations and marketing manager for Money Design Co., Ltd.
  • 林 千晶

    林 千晶CHIAKI HAYASHI

    株式会社ロフトワーク
    代表取締役
    Co-founder, Loftwork Inc.

  • 篠田	ちひろ

    篠田 ちひろCHIHIRO SHINODA

    クルクメールボタニカル
    代表取締役
    Managing Directer, krukhmer botanical co.,ltd

    2007年青山学院大学経営学部卒 2009年カンボジアにて、「地元の素材を使い、地元の人々が製品をつくる、地元のための組織」をつくるためクルクメールボタニカル社を創業。 現在45名のカンボジア人を雇用し、自然素材を使用したアロマ製品の製造・販売を行っている。
    2012年内閣官房国家戦略「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」/2017年三省堂文部科学省検定済教科書「MY WAY ENGLISH communication I」

    A Degree in business administration at Aoyama Gakuin University in Tokyo/ JAPAN Founder / MD of krukhmer botanical co.,ltd Manufacture and sale of aroma products "krukhmer" and management of spa "spakhmer".

    www.spakhmer.com

  • 佐々木 大輔

    佐々木 大輔DAISUKE SASAKI "DICE"

    freee株式会社
    創業者・代表取締役CEO
    CEO and co-founder, freee k.k.

    一橋大学商学部卒。データサイエンス専攻。2008年Google に参画、アジア・パシフィック地域での中小企業向けマーケティングチームを統括。2012年7月、「スモールビジネスに携わるすべての人が創造的な活動にフォーカスできるよう」な社会を目指してfreeeを創業。Google以前は、博報堂、未公開株式投資ファームでの投資アナリストを経て、レコメンドエンジンのスタートアップであるALBERTでCFOと新規レコメンドエンジンの開発を兼任。
    Dice is the co-founder and CEO of freee, the automated online accounting software for SMBs. Dice was the Head of APAC SMB Marketing Department at Google before founding freee. Prior to Google, Dice was a CFO and VP of product management at ALBERT Inc., a Japanese recommendation engine startup, a private equity investment analyst at CLSA Capital Partners Japan and a account planner at Hakuhodo. Dice earned a BA in Commerce from Hitotsubashi University majoring in Data Science.
  • 稲垣 えみ子

    稲垣 えみ子EMIKO INAGAKI

    東京在住アフロライターAfro Writer

    1965年生まれ。一橋大学社会学部卒業。朝日新聞社では大阪本社社会部、「週刊朝日」編集部などを経て論説委員、編集委員を務め、アフロヘアの写真入り連載コラムや「報道ステーション」出演で注目を集める。2016年1月退社。著書に『魂の退社』『寂しい生活』など。
  • 今井 絵理子

    今井 絵理子ERIKO IMAI

    自由民主党
    参議院議員
    Member,House of Councillors, Liberal Democratic party

    1996年SPEEDのメンバーとしてデビュー。2004年長男を出産、2008年に息子の聴覚障害を公表し「障害は個性、不便だけど不幸じゃない」と手話で伝え、NHK「みんなの手話」の司会を歴任。2016年第24回参議院議員選挙に自由民主党全国区比例で立候補し初当選。 参議院文教委員会に所属し、自民党内では、障害者関連の部会の役職につくなど、現在は障がい児の教育福祉政策に力を入れて活動中。
    1996 Debuted as a member of SPEED. 2004 Gave birth to her oldest son. 2008 Announced - in sign language - that her son had a hearing disorder. Added at the time that "disability is part of one's personality; inconvenient, but not unfortunate." 2016 Successfully ran for the 24th Upper House election and was elected for the first time. Currently belongs to the Upper House of Councilors Education Committee, and works for the education and welfare of disabled children.
  • 鈴木 絵里子

    鈴木 絵里子ERIKO SUZUKI

    Mistletoe株式会社
    投資部、ディレクター
    Investment Group Director, Mistletoe, Inc.

    外資系投資銀行にてM&Aなどに従事した後に、シリコンバレー発ドローンベンチャーの日本法人代表を務め、現在は、社会課題解決への強い興味より起業家支援などにより未来を創造するMistletoe株式会社に参画。 「これからの時代、多様な技能や視点を持つ多面的な人々がつながっていく生き方・働き方になる。 そのような未来が来る。 さらには、未来とは作るもの。」-ES
    Started a career in finance as an Investment Banker. Then, from a passion for innovation and technologies, opened the Japan office of a Silicon Valley drone company. Currently, at Mistletoe - a collective impact community which empowers startups to create a more human-centered and sustainable future through technology. “I believe the future will be enabled through distributed networks of diversity and multifacetedness, connected with empathy. I also believe the future is for those who create it.” -ES
  • 岡島 悦子

    岡島 悦子ETSUKO OKAJIMA

    株式会社プロノバ
    代表取締役社長
    CEO, ProNova Inc

  • 趙 恩淳

    趙 恩淳EUNSOON CHO

  • 佐藤 悦子

    佐藤 悦子ETSUKO SATO

    株式会社サムライ
    SAMURAI マネージャー
    Manager, SAMURAI, Inc.

    1969年東京生。早稲田大学教育学部卒業後、広告代理店、外資系化粧品会社経て、2001年よりクリエイティブディレクター佐藤可士和率いる「SAMURAI」のマネージャーとして、数々の企業のブランド戦略、空間プロデュース等、時代の空気を表現しクリエイティブの新しい可能性を提示するプロジェクトに関わる。著書に『SAMURAI佐藤可士和のつくり方』(誠文堂新光社)、『佐藤悦子の幸せ習慣』(講談社)ほか。
    Graduated from Waseda University. In 2001, she participated in the creative studio SAMURAI established by Kashiwa, who is her husband and business partner. As Manager of SAMURAI, she has been involved with numerous projects to express the contemporary atmosphere of our time, such as developing branding strategies, and producing space plans/designs to expand new possibilities of creativity. She is the author of books “How to Make SAMURAI Kashiwa Sato,” “Etsuko Sato’s Habits for Happiness” and more.
  • 山崎 史

    山崎 史FUMI YAMAZAKI

    ダイソン株式会社
    Communications Manager
    Communications Manager, Dyson

  • 勝部 元気

    勝部 元気GENKI KATSUBE

    株式会社リプロエージェント
    代表取締役社長
    CEO, ReproAgent, Inc.

    1983年東京都生まれ。早稲田大学社会科学部卒。民間企業の経営企画部門や経理財務部門等で部門トップを歴任した後に独立。ジェンダー論、現代社会論、各種人権問題を専門とする若手論客として、WEB媒体、雑誌、TV等で評論家活動を展開。また、女性活躍×健康経営をコンセプトとしたソーシャルベンチャー「株式会社リプロエージェント」で代表を務めている。著書『恋愛氷河期』(扶桑社)。所有する資格数は69個。
    Occupation : Commentator, Social entrepreneur / Major : Gender studies, Modern Society , Social problem / Hoiding 69 license / My writings "Ice age of love in Japan"(Fusosha) / Faculty of social sciences Waseda university / born in 1983 Tokyo
  • 金 高恩

    金 高恩GOEUN KIM

    JapanTaxi株式会社
    取締役CMO
    CMO, JapanTaxi Co.,Ltd.

    Cyberagent/netprice/Yahoo!JAPAN/FashionWalkerで事業開発および会社設立などを担当した後、独立して上場企業などで事業開発を行った。その後、会社を設立し、資金調達も行い、2014年末に退任した。 2015年よりJapanTaxiにアサインし、現在CMOとしてマーケティングおよび事業開発を担当。
    After taking charge of business development and company establishment etc in Cyberagent / netprice / Yahoo!JAPAN / FashionWalker, i have conducted business development on listed companies etc. individually. After that, founded a company and raised funds and retired at the end of 2014. Assigned to JapanTaxi from 2015 and is currently in charge of marketing and business development as CMO.
  • はあちゅう

    はあちゅうHa-chu

    ブロガー、作家blogger/writer

    ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部卒。電通コピーライター、トレンダーズを経てフリーに。「ネット時代の新たな作家」をスローガンに、ネットと 紙を中心に媒体を横断した発信を続ける。著作に「半径5メートルの野望」(講談社)など。月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」が好評。 インスタグラムツイッター:@ha_chu
    blogger/writer twitter/instagram @ha_chu
  • 米良 はるか

    米良 はるかHARUKA MERA

    READYFOR株式会社
    代表取締役 CEO
    CEO&founder, READYFOR Inc.

    1987年生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。2011年に日本初・国内最大のクラウドファンディングサービス「Readyfor」の立ち上げを行い、2014年より株式会社化、代表取締役CEOに就任。World Economic Forumグローバルシェイパーズ2011に選出、日本人史上最年少でダボス会議に参加。2016年にはテレビ東京カンブリア宮殿に女性最年少経営者として出演。 現在は首相官邸「人生100年時代構想会義」の議員や内閣官房「歴史的資源を活用した観光まちづくり推進室」専門家を務める。
    Haruka is a founder of Readyfor,inc. Readyfor is the first and biggest crowd funding service ever in Japan, targeting every kind of entrepreneurs including local and social. Through Readyfor, she aspires to realize a world where every individual achieves whatever he/she wants regardless of financial status. Currently, she is a member of Global Shapers from World Economic Forum. She attended in World Economic Forum in 2012 as a youngest member from Japan. She holds a Master’s degree in media design from Keio University.
  • 河野 秀和

    河野 秀和HIDEKAZU KAWANO

    シタテル株式会社
    代表
    CEO, Sitateru Inc.

    メーカー・外資系金融機関を経て2013年に米サンフランシスコ・シリコンバレーにて世界最前線のIT事業開発等を学び帰国後2014年シタテルを設立。ガイアの夜明けに2度出演など各メディアでも話題に。内閣府「地域しごと創生会議」IoT 活用促進代表企業。ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSゴールド賞受賞。総務省「ICT地域活性化大賞2016」大賞・総務大臣賞受賞。熊本大学 非常勤講師。
    Went across to Silicon Valley, San Francisco in 2013 to including the development of a system-sharing business using leading-edge IT. On his return to Japan in 2014, he established Sitateru Inc., His innovations have been showcased in various media.Sitateru was selected as a model company for the Ministry of Internal Affairs and Communications’ Council for Local Employment Development program for the promotion of new IoT-based corporate partnerships. Get a GOLD prize of ACC. Kawano also lectures at Kumamoto University.
  • 岩佐 大輝

    岩佐 大輝HIROKI IWASA

    農業生産法人 株式会社GRA
    代表取締役CEO
    Representative Director/CEO, Agricultural Production Corporation GRA Inc.

    1997年宮城県山元町生まれ。 大学在学中に起業し、現在日本およびインドで6つの法人のトップを務める。 2011年の東日本大震災後に、大きな被害を受けた故郷山元町の復興を目的にGRAを設立。先端施設園芸を軸とした「地方の再創造」をライフワークとするようになる。イチゴビジネスに構造変革を起こし、ひと粒1000円の「ミガキイチゴ」を生み出す。 著書に『99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る』、『甘酸っぱい経営』がある。
    Born 1977 in Yamamoto, Miyagi Prefecture. Began career as an entrepreneur while in university, and now runs 6 businesses in Japan and India. Founded GRA with the intent of restoring hometown, which had been greatly damaged from the 2011 Tohoku Earthquake and Tsunami. With company’s cutting edge horticulture at its center, the life’s mission has become the recreation of rural areas around the world. Revolutionized the strawberry business with the development of the 10 US dollar per piece Migaki Ichigo.
  • 中村 寛子

    中村 寛子HIROKO NAKAMURA

    マッシュ
    代表取締役
    masher, mash-inc.

  • 奥田 浩美

    奥田 浩美HIROMI OKUDA

    株式会社ウィズグループ
    代表取締役
    CEO&Founder, Wiz. Group, Inc.

    インド国立ボンベイ大学(現州立ムンバイ大学)大学院社会福祉課程修了(MSW)。1991年にIT特化のカンファレンス事業を起業し数多くのITプライベートショーの日本進出を支える。2001年にウィズグループを設立。2013年に株式会社たからのやまを創業。情報処理推進機構・未踏IT人材発掘育成事業委員、「IT人材白書」委員。内閣府輝く女性事業調査検討委員等。著書に「人生は見切り発車でうまくいく」、「ワクワクすることだけ、やればいい!」等。
    Hiromi Okuda earned her Master of Social Work from University of Mumbai. In 1991 she launched a conference business specialized for the IT field,enabling a great number of IT-related private product showcasing events to come to Japan. As a mother, businesswoman, and entrepreneur, she has spent more than ten years advising, mentoring and consulting entrepreneurs. As a member of a committee member for the white paper on IT human resources, she helps support an innovative young generation in confronting challenges.
  • 山本 浩未

    山本 浩未HIROMI YAMAMOTO

    ヘアーメイクアップアーティストHair Make-up Artis

    資生堂美容学校卒業後、資生堂ビューティークリエーション研究所にてヘア・メイクアップアーティストとして宣伝、広報、商品開発、教育などに従事。1992年フリーとなる。「今すぐ実践できるメイクテクニック」を発信するメイクアップの第一人者。メイクのみならず、気持ちが元気になるポジティブな美容理論が好評。洗顔料を使わず“温める・拭く・流す”のシンプルメソッド「スチームON顔」などオリジナルメソッドの開発も精力的に行う。
    coming soon...
  • 堀口 育代

    堀口 育代IKUYO HORIGUCHI

    株式会社オウチーノ
    代表取締役社長
    President, O-uccino,INC.

    1987年(株)リクルート入社。ぴあ(株)を経て、1997年㈱ベネッセコーポレーション入社。「サンキュ!」「いぬのきもち」など生活情報部門の事業を経て、2007年に執行役員に就任。通販部門、生活部門の管轄、兼㈱直島文化村取締役を経て、2013年ヤフー㈱へ。2014年クックパッド㈱執行役。2017年㈱オウチーノ代表取締役就任(現任)
    1987 Recruit Co.,Ltd. 1995 PIA Corporation 1997 Benesse Corpration Co.,Ltd. 2007 Corporate Officer 2013 Yahoo! japan,Co.,Ltd. 2014 Cookpad,Co.,Ltd. Executive Officer 2017 O-uccino,Co. President
  • 堀 潤

    堀 潤JUN HORI

    特定非営利活動法人8bitNews
    代表理事
    Representative Director, Specified Nonprofit Corporation 8bitNews

    ジャーナリスト・キャスター。1977年生まれ。元NHKアナウンサー、2012年日米の原発メルトダウン事故を追ったドキュメンタリー映画「変身 Metamorphosis」を制作。2013年NHKを退局しNPO法人8bitNews」代表に。2016年株式会社GARDENを設立。 現在、TOKYO MX「モーニングCROSS」キャスター、J-WAVE「JAM THE WORLD」ニュース・スーパーバイザーとして出演中。
    Born in Japan in 1977. Mr.HORI was the caster and reporter for news program by Japanese Broadcasting Corporation(NHK)until becoming Visiting scholar at UCLA since 2012. After leaving NHK he became the chairperson of the NPO “8bitNews” , the anchorman for “Morning CROSS” by Tokyo Metropolitan Television(Tokyo MX),Radio navigator for “JAM THE WORLD” by J-WAVE. He is also the Visiting professor of Shukutoku university since Apr 2014.
  • 西川 順

    西川 順JUN NISHIKAWA

    エウレカ共同創業者
    エンジェル投資家
    Co-Founder, eureka, Inc.
    Angel investor

  • 稲垣 佳奈

    稲垣 佳奈KANA INAGAKI

    フィナンシャルタイムズ
    東京特派員
    Tokyo Correspondent, Financial Times

    上智大学比較文化学部を卒業後、シカゴ大学大学院にて修士号取得(国際関係学)。AP通信の東京支局に2005年に入社。官邸取材を担当。2007年から共同通信海外部で勤務。為替、株などを担当。2010年6月にウォールストリートジャーナルに入社。主にM&Aや電機業界を担当。2014年9月から現職。日本の企業ニュースを担当。
    Kana Inagaki writes for Financial Times about Japanese companies and technology from Tokyo. She joined the FT in 2014 after four years as a Tokyo correspondent for The Wall Street Journal and Dow Jones Newswires, where she covered the technology sector and M&A. Prior to The Journal, she worked at Kyodo News covering market and corporate news. She began her career at the Tokyo bureau of Associated Press, covering Japanese politics. She is a native of Vancouver, Canada, and earned her Master of Arts degree from the University of Chicago.
  • 島田 佳奈

    島田 佳奈KANA SHIMADA

    作家Freelance Writer

    作家・コラムニスト。会社員、水商売(ホステス)、システムエンジニアなどさまざまな職業を経験したのち、2006年デビュー。愛と性全般、女の生き方などをテーマに、紙およびWeb媒体にてコラム連載多数。著作は『人のオトコを奪る方法』『アラフォー独女の生きる道』等。豊富な体験と取材から得た“血肉データ”による独自の恋愛観が定評。 Website:http://kana-shimada.net/
    coming soon...
  • 土井 香苗

    土井 香苗KANAE DOI

    国際NGOヒューマン・ライツ・ウォッチ
    日本代表
    Japan Director, Human Rights Watch

    1975 年神奈川県生まれ。 1996 年に司法試験に合格後、大学 4 年生の時、アフリカで一番新しい独立国・エリトリアに赴き、1 年間、エリトリア法務省で法律作りのお手伝いのボランティア。その後、1998年東京大学法学部卒。2000年司法研修所修了。2000 年から 2016 年まで弁護士(日本)。弁護士業務の傍ら、日本の難民の法的支援や難民認定法の改正のロビーイングやキャンペーンにかかわった。 2006 年米国ニューヨーク大学ロースクール修士課程修了(国際法)。2007 年以来現在まで、米国ニューヨーク州弁護士。2006 年から、国際 NGO ヒューマン・ライツ・ウォッチのニューヨーク本部のフェロー。2007 年から日本駐在員。2008年から日本代表として、弁護士業は休業して NGO に専業。2009 年に東京オフィス設立。これまでに、テレビ朝日「サンデーフロントライン」のニュース選定委員や、CS 朝日ニュースター「ニュースの深層」のキャスターを務めた。 2010 年エイボン女性賞受賞。2011 年世界経済フォーラム(WEF) Young Global Leader (YGL)。朝日新聞紙面審議会第 21 期委員(2011年~13 年)など。著書に「巻き込む力 すべての人の尊厳が守られる世界に向けて」(小学館 2011 年)、「“ようこそ”といえる日本へ」(岩波書店 2005 年)、「テキストブック 現代の人権 第 3 版」(日本評論社 2004 年)など。
    Kanae Doi works to encourage the Japanese Government to prioritize human rights in its foreign and domestic policies and practices. She also works on media outreach and the development of Human Rights Watch’s profile in Japan. Prior to joining Human Rights Watch in 2006, she worked as a practicing attorney, based in Tokyo. Her practice included refugee law, immigration law, constitutional law and criminal defense, and she frequently gave media interviews and published on these issues in the Japanese press from the perspective of international human rights law. In 2011 Doi was chosen as a member of the Young Global Leaders of the World Economic Forum. She received her law degree from the University of Tokyo and her Master’s degree in the International Studies from the New York University School of Law. She speaks English and Japanese.
  • 藤原 かおり

    藤原 かおりKAORI FUJIWARA

    カルビー株式会社
    執行役員 フルグラ事業本部 本部長
    Executive Officer FRUGRA Group, Calbee

    大学卒業後、旭硝子株式会社に入社。 その後、外資系広告代理店、国内広告代理店、外資系食品メーカーでの勤務を経て、2011年にカルビー株式会社に入社。 2012年より、フルグラのマーケティングを担当、2017年4月より、現職に就く。
    Joined the AGC upon graduating university. Since then, after experiencing PR agencies, both foreign capital and domestic, foreign capital food makers, has joined Calbee, Inc. in 2011. Having taken charge of marketing "Frugra" starting 2012, has taken on her current position from April, 2017.
  • 安宅 和人

    安宅 和人KAZUTO ATAKA

    ヤフー株式会社
    CSO(チーフストラテジーオフィサー)
    Chief Strategy Officer, Yahoo Japan Corporation

    慶應義塾大学SFC特任教授、データサイエンティスト協会理事。マッキンゼーを経て2008年よりヤフー。途中データ及び研究開発部門も統括、12年より現職。人工知能技術戦略会議 産業化ロードマップTF副主査、内閣府Prism 運営委員、情報・システム研究機構 経営評議会委員ほか公職多数。イェール大学 脳神経科学PhD。脳、経営、データをまたぐ経験を活かしAI×データ時代における人材育成、産業革新に幅広く関与。著書に『イシューからはじめよ』
    Project Professor of Keio University SFC. Director of Japan Data Scientist Society (chair of skill committee). Joined Yahoo! JAPAN after 11 years at McKinsey where he was a leadership member of Marketing and Sales Practices in APAC. Also on various government councils/committees including METI, Cabinet office, Cabinet Secretariat, MLIT, RIKEN, ROIS, and JST. Kaz earned PhD in Neuroscience from Yale.
  • 中村 圭

    中村 圭KEI NAKAMURA

    株式会社インフォバーン
    プロデューサー・クリエイティブディレクター
    producer & Creative Director, INFOBAHN.Inc

    プロデューサー・クリエイティブディレクター。2007年インフォバーン入社。雑誌『MYLOHAS』にてデスク業務を担当。その後、ソリューション事業部へ異動し、美容、健康食品などを中心に、女性のライフスタイル提案を行う企業、およびブランドのブランディングサイトやオウンドメディア、プロモーション活動の支援を担当。2017年からは、女性に特化したマーケティング×クリエイティブチーム“WOMEN’S HEART LAB.”を立ち上げ活動中。
    Kei Nakamura is a producer and a creative director, who has many experiences in publishing and editorial. She joined Infobahn in 2007 and after working as an editorial staff at MYLOHAS, moved to B to C business solution department and supported a Japanese beauty company with branding promotion, and worked as a director to build owned media and branding web sites for lifestyle companies. She launched a marketing and creative team, WOMEN’S HEART LAB, specialized in women’s needs in 2017.
  • 若林	恵

    若林 恵KEI WAKABAYASHI

    元WIRED JAPAN 編集長Ex-Editor in Chief WIRED JAPAN

    1971年生まれ。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、出版社平凡社に入社。『月刊太陽』の編集部スタッフとして、日本の伝統文化から料理、建築、デザイン、文学などカルチャー全般にかかわる記事の編集に携わる。2000年にフリー編集者として独立。
    Kei Wakabayashi started his career at Heibonsha as an editor for Gekkan Taiyo. After becoming freelance in 2000, he wrote and edited for Esquire Japan, Brutus, and GQ JAPAN. He has worked as a consultant for a music label, as an editor and a planner for various publications. He writes for intoxicate, Music Magazine, and CD Journal as a music writer.
  • 浜田 敬子

    浜田 敬子KEIKO HAMADA

    Business Insider Japan
    統括編集長
    Editor in Chief, Business Insider Japan

    1989年朝日新聞社入社。前橋・仙台支局、週刊朝日編集部などを経て99年からAERA編集部。女性の働き方雇用問題、国際ニュースを中心に取材。副編集長、編集長代理を経て2014年から編集長。ネット媒体とのコラボや外部プロデューサーによる1号限りの「特別編集長号」など新企画を連発。16年5月から朝日新聞社総合プロデュース室プロデューサーとして新規プロジェクトの開発などに取り組む。「働くと子育てを考えるWORKO!」「Change Working Style」などのプロジェクトを立ち上げる。テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」の水曜コメンテーターなども務める。
    Beginning her career in 1989 at the prestigious newspaper company, the Asahi Shimbun Co., Keiko was transferred to the weekly magazine AERA in 1999 after experiencing branch offices at Maebashi, Sendai and the Weekly Asahi. As a journalist, she has specialized in covering world news and the issues seen of the modern female career and lifestyle. Keiko has been at site for both 9.11 and the Iraq War. Becoming the deputy editor in 2004, deputy editor in chief, Keiko became AERA’s first female editor in chief. During her term as editor in chief at AERA, she has innovated the classic magazine, collaborating with online media and inviting outside editors to produce special articles. From May 2016 to March 2017, she has also produced projects “On Career x Childrearing,” “WORKO ! ” and symposiums such as “Career Paths” as producer at the Comprehensive Producing Office at the Asahi Shimbun Co. Starting April 2017 Keiko is now the Japanese supervising editor in chief of an online business news media that spans over 14 countries worldwide. She will be continuing commentary at TV programs “Shinichi Hatori Morning Show” and “the Sunday Morning” and lectures on topics including but not limited to diversity and labor reform.
  • 小島 慶子

    小島 慶子KEIKO KOJIMA

    東京大学大学院情報学環客員研究員
    エッセイスト
    Writer, Visiting Researcher Interfaculty Initiative in Information Studies The University of Tokyo

    民間放送局にてアナウンサーとして15年間勤務。第36回ギャラクシー賞・DJパーソナリティ部門賞受賞。 2010年に独立後は、各メディア出演及び執筆活動を行っている。2014年より家族の拠点をオーストラリア・パースに移し、 自身は仕事のある日本と往復する生活。2017年より東京大学大学院情報学環客員研究員。林香里教授のもとで「メディア表現と多様性について抜本的に検討する会(MeDi)」メンバーとして活動している。
  • 黒川 久里子

    黒川 久里子KRIS KUROKAWA

    株式会社コルク グループ長
    せりか基金 代表
    Chief of product sales, Cork,Inc
    Representative of the Serika Fund

    2002年 聖心女子大学卒業後、 大手国内メーカーの法人営業を8年、2010年NY滞在を経て外資系企業へ就職。 2015年8月にコルクに入社 物販の責任者、セリカ基金代表、 編集者(木下晋也・品田遊・森もりこ・つきはなこ・羽賀翔一・山内宏泰の担当)
    After graduation from the University of the Sacred Heart, Tokyo, Joined leading manufacturer and had been major account sales for 8 years. In 2010 , moved to NY and stayed there for 4 years. After that, came back to Japan and joined foreign-affiliated company. In August 2015, joined Cork Inc., Currently in charge of product sales/representative of the Serika Fund/Editor for Shinya Kinoshita, Yu Shinada, Moriko Mori, Hanako Tsuki, Shouichi Haga, Hiroyasu Yamauchi
  • 滝川 麻衣子

    滝川 麻衣子MAIKO TAKIGAWA

    Business Insider Japan
    記者・編集者
    writer/editor, Business Insider Japan

    大学卒業後、産経新聞社入社。広島支局、大阪本社を経て2006年から東京本社経済記者。ファッション、流行、金融、製造業、省庁、働き方の変革など経済ニュースを幅広く取材。 2017年4月からBusiness Insider Japanで働き方や生き方をテーマに取材。
    Writer/editor of Buiness Insider Japan.Afetr graduating from University,I have worked as a stuff writer of Sankei News Paper.I have forcused on the changr of workingstyle,generation gap, trend, and gender.
  • 佐藤 真希子

    佐藤 真希子MAKIKO SATO

    株式会社iSGSインベストメントワークス
    取締役 代表パートナー
    Director, Managing Partner, iSGS Investment Works, Inc.

  • 篠田 真貴子

    篠田 真貴子MAKIKO SHINODA

    株式会社 ほぼ日
    CFO
    CFO, Hobonichi Co., Ltd.

  • 濱松 誠

    濱松 誠MAKOTO HAMAMATSU

    ONE JAPAN
    共同発起人・代表
    Co-Founder, ONE JAPAN

    1982年京都生まれ。2006年パナソニックに入社。海外営業、人事、ベンチャー出向を経て、現在はIoT家電事業を担当。本業とは別に、組織活性化をねらいとした有志の会「One Panasonic」をリード。2016年、大企業の同世代で同じ課題意識を持つ有志を集め「One JAPAN」を設立、代表に就任。現時点で50社・1000名が参画。共創や新しい働き方の提言・実践に取り組む。 日経ビジネス「2017年 次代を創る100人」に選出。
    Born 1982 in Kyoto. Joined Panasonic in 2006, since experiencing Foreign Sales, Human Resources, Start-up projects, and is now positioned in the IoT home electronics division, also leading the "One Panasonic," a project of chosen employees aiming to stimulate the Panasonic structure. In 2016, creating and representing "One JAPAN", a project of high conscience employees from mega corps, which now has 50 corp, 1000 members. One JAPAN aims to create and implement new working styles, higher colloborativity. Makoto HAMAMATSU has been chosen as one of Nikkei Business's "2017 100 Creators of the Next Generation"
  • 塚田 眞琴

    塚田 眞琴MAKOTO TSUKADA

    b-monster株式会社
    取締役副社長
    Senior Vice President and Director, b-monster.inc

    1994年東京都生まれ。2016年、起業を機に大学を中退。現在、「フィットネスに感動を」をテーマに、暗闇ボクシングスタジオb-monsterを国内5店舗(2018年に上海スタジオオープン予定)運営。
    I was born in Tokyo in 1994. In 2016, I have decided to leave university to pursue entrepreneurship. I currently run a dark room boxing fitness studio called b-monster. There are 5 studios based in Tokyo and a Shanghai branch is scheduled to open in 2018.
  • 平田 麻莉

    平田 麻莉MARI HIRATA

    一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会
    代表理事
    Founder / President, Freelance Association Japan

    PR会社ビルコムで国内外50社以上の広報を担当。ノースウェスタン大学ケロッグ経営大学院への交換留学を経て、慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了。現在はフリーランスとして「タスカジ」や「ビザスク」の広報を担うほか、ケースメソッド教材制作等を行う。2017年1月にプロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会設立。年会費1万円で保険や福利厚生を利用できるフリーランス向けベネフィットプランを提供し、多様な働き方の環境整備に情熱を注ぐ。
    Mari is a freelance PR planner and founded Freelance Association Japan (FAJ) in Jan 2017. Starting her first career at BILCOM, a cutting-edge PR agency, she's been involved with more than 50 clients. Her passion is to increase options of workstyle and lifestyle. FAJ is a non-profit organization and its mission is to empower variety of freelancers and parallel-workers through benefit plan, networking events, and policy recommendation. MBA at Keio Business School, Exchange scholar at Kellogg School of Management
  • 古川 雅子

    古川 雅子MASAKO FURUKAWA

    ジャーナリスト
    フリーランス
    Freelance Journalist

    1972年生まれ。上智大学文学部卒業。ニュース週刊誌の編集に携わった後、フリーランスに。医療・介護・社会保障など幅広く取材する。「いのち」に向き合う人々をテーマとし、病や障害を抱える当事者、医療・介護の従事者、科学と社会の接点で活躍するイノベーターたちの姿を追う。著書に、『きょうだいリスク』(社会学者の平山亮との共著。朝日新書)がある。
  • 杉山 雅子

    杉山 雅子MASAKO SUGIYAMA

    株式会社カネボウ化粧品
    マーケティング戦略企画グループ マネージャー
    Manager, Marketing Strategy Group, Kanebo Cosmetics Inc.

    1986年カネボウ化粧品販売株式会社入社。都内百貨店でビューティカウンセラーを従事し、1999年カネボウ化粧品株式会社百貨店部へ転勤。全国百貨店流通のビューティカウンセラー教育や営業企画を担当し、2015年3月「スマイルコネクト」開発担当に異動し、現在に至る。
  • 若宮 正子

    若宮 正子MASAKO WAKAMIYA

    プログラマーProgrammer

    1935年生まれ。神奈川県藤沢市在住。 高校卒業後、定年まで大手の都市銀行に勤務。 リタイア後は自宅で母の介護の傍らパソコンライフをはじめる。 ネット上の老人クラブであるメロウ倶楽部副会長 NPOブロードバンドスクール協会理事 人生100年時代構想会議有識者議員 2017年2月、スマホアプリ「ひな壇」を公開 著書「60歳を過ぎると、人生はどんどんおもしろくなります」他5冊。
  • 矢野 絹子

    矢野 絹子MASAKO YANO

    KDDI株式会社
    渉外・コミュニケーション統括本部
    コミュニケーション本部 宣伝部 部長
    KDDI CORPORATION, Corporate & Marketing Communications Sector, Marketing Communications Division, Advertisement Department, General Manager

  • 遠山 正道

    遠山 正道MASAMICHI TOYAMA

    株式会社スマイルズ
    代表取締役社長
    President, Smiles Co., Ltd.

    慶應義塾大学卒業後、85年三菱商事株式会社入社。2000年株式会社スマイルズを設立、代表取締役社長に就任。現在、「Soup Stock Tokyo」のほか、「giraffe」、「PASS THE BATON」、「100本のスプーン」、「PAVILION」、「刷毛じょうゆ 海苔弁山登り」を展開。「生活価値の拡充」を企業理念に掲げ、既成概念や業界の枠にとらわれず現代の新しい生活の在り方を提案している。
    Mr. Toyama was born in 1962 in Tokyo. After graduating from Keio University’s Business and Commerce Department, he joined the Mitsubishi Corporation in 1985. He founded Smiles in 2000 and assumed the role of President and CEO of the company. In addition to Soup Stock Tokyo, a soup specialty shop, he has also developed giraffe, a necktie brand, PASS THE BATON, a contemporary select recycle shop, and 100 Spoons, a family restaurant.
  • 正能 茉優

    正能 茉優MAYU SHONO

    株式会社ハピキラFACTORY 代表取締役社長
    ソニー株式会社 新商品企画
    CEO, Hapikira factory Inc.
    Product planner, Sony Corporation

    1991年東京生まれ。慶應義塾大学在学中の2012年、地方の商材をかわいくプロデュースし発信・販売するハピキラFACTORYを創業。現在は、ソニーで新規事業・新商品を開発しながら、自社の経営も行う「パラレルキャリア女子」。 その働き方の経験を活かし、経済産業省「兼業・副業を通じた創業・新事業創出に関する研究会」の委員にも。北海道天塩町政策アドバイザーや慶應義塾大学SFC研究所上席所員としても、精力的に活動中。
    Born 1991 in Tokyo. Whilst at Keio University, founded Hapikira FACTORY in 2012, which produces, promotes and sells rural products 'cutely.' Is now a "Parallel Career Girl" developing new business and products at Sony and managing her own company. Based on her own career experience, is also a member of the Study Group for Creation of Startpus and New Business through Second Jobs and Side Jobs, by the Ministry of Economy, Trad and Industry (METI). Also acting as policy advisor of Hokkaido Amajio city and senior researcher of Keio University, Shonan Fujisawa Campus
  • 亀石 倫子

    亀石 倫子MICHIKO KAMEISHI

    法律事務所エクラうめだ
    弁護士
    Lawyer, Eclat Umeda Law Office

    文学部を卒業後、通信会社勤務を経て2009年に弁護士登録。刑事事件専門の法律事務所に入所し、6年間に担当した刑事事件は200件以上にのぼる。『クラブ風営法違反事件』や『GPS違法捜査事件』など著名な刑事事件を担当。2016年に独立して「法律事務所エクラうめだ」を開設。エクラはフランス語で「輝き」。女性弁護士ならではの視点ときめ細かさを活かし、離婚や男女トラブルも数多く手掛ける。
  • 荻野 みどり

    荻野 みどりMIDORI OGINO

    株式会社ブラウンシュガーファースト
    代表取締役社長
    President, BROWN SUGAR 1ST.CO.,LTD.

    2011年第一児出産後、「わが子に食べさせたかどうか?」を基準に食材を厳選するお菓子ブランド「BROWN SUGAR 1ST.」を立ち上げる。東京・青山の国連大学前のファーマーズマーケットにてお菓子を製造・販売する中で、原材料としての油脂選びの大切さに気づき、ココナッツオイルに出合う。日本のココナッツオイルブームをけん引。現在、ココナッツオイルをはじめとした、有機食品を全国の百貨店、スーパーにて取扱い中。
    She established an organic products brand, “BROWN SUGAR 1ST.” at 2011, after she gave birth to her first child. It selects food ingredients strictly based on a criteria, “Will I Let My Children Eat Them or Not”. She creates a "coconut oil boom" in Japan. BROWN SUGAR 1ST.’s products are able to be buy all places in Japan including coconut oil and their organic food products.
  • 鈴木 美穂

    鈴木 美穂MIHO SUZUKI

    日本テレビ放送網株式会社/認定NPO法人マギーズ東京
    記者(兼)キャスター/共同代表理事
    reporter, Nippon Television / co-representative, NPO maggie's tokyo

    1983年生まれ。2006年日本テレビ入社。以来、報道局一筋で社会部、政治部で記者をしながら特集や番組を多数制作。現在は、記者と「スッキリ!」「ミヤネ屋」のニュースコーナーのキャスターを兼務。 2008年乳がんに罹患したことをきっかけに支援活動開始。2016年東京・江東区に英国発祥の「マギーズセンター」日本第一号をオープン。がん患者やその家族、友人などが無料で必要な情報を得たり相談したりできる場を運営中。 『日経ウーマン・オブ・ザイヤー2017「チーム賞」』『日本医学ジャーナリスト協会賞2017「優秀賞」』授賞。
    Born in 1983. Working as a reporter and a newscaster at Nippon Television since 2006. Diagnosed breast cancer on 2008, and started supporting people with cancer and their families. In 2016, opened first ""Maggie's Cancer Caring Centre"" in Tokyo, which offers free practical, emotional and social support.
  • 宋 美玄

    宋 美玄MIHYON SONG

    丸の内の森レディースクリニック
    院長
    Dr, Marunouchi no Mori Ladies Clinic

    産婦人科医師 医学博士 1976年兵庫県生まれ 2001年大阪大学医学部卒業 周産期医療と性科学が専門 メディアでの情報発信も積極的に行っている
    1976 Born in Kobe. MD, Ph.D OB/GYN
  • 塚田 美樹

    塚田 美樹MIKI TSUKADA

    b-monster株式会社
    代表取締役
    CEO, b-monster, inc.

    1993年東京生まれ。ニューヨークで暗闇フィットネスに出会い、フィットネスとエンターティメントの融合に感動し、2016年3月に起業。聖心女子大学を卒業後、3ヶ月後にb-monster銀座スタジオをオープンさせ、1年と7ヶ月で、都内4店舗、名古屋の計5店舗をオープン。来春には初の海外店である上海のオープンも決まっている。
    I was born in Tokyo, in 1993. I first witnessed dark room gyms in my trip to New York and was inspired by idea of combining fitness with entertainment. 3 months after graduating from the University, I opened the first b-monster studio in Ginza. There are 4 studios in the city and one in Nagoya. The 6th studio is scheduled to open in Shanghai in the Spring of 2018.
  • 末松 弥奈子

    末松 弥奈子MINAKO SUEMATSU

    株式会社ジャパンタイムズ
    代表取締役会長
    Chairperson & Publisher, The Japan Times

  • 小安 美和

    小安 美和MIWA KOYASU

    株式会社Will Lab
    代表取締役
    Founder & CEO, Will Lab Inc.

    大学卒業後、日本経済新聞社入社。シンガポールで専業主婦、通信社のニュースエディターなどを経て、2005年株式会社リクルート入社。13年株式会社リクルートジョブズ執行役員。15年よりリクルートホールディングスにて「子育てしながら働きやすい世の中を共に創るiction!」プロジェクトを立ち上げ、16年3月独立し、「女性×はたらく」をテーマに活動開始。17年3月株式会社Will Lab設立。自治体や企業と連携し、女性の就労促進を行うほか、途上国女性の就労支援のためのハンディクラフトショップを港区・白金台で運営。
    Miwa Koyasu,founder & CEO of Will Lab Inc. launched the company in 2017 to provide consulting services to empower women in corporations and communities in Japan. She is also running the handcraft shop"" Will Gallery"" in Shirokanedai,Tokyo to empower women of developing countries in Asia and Africa.
  • 田中 美和

    田中 美和MIWA TANAKA

    株式会社Waris
    代表取締役/共同創業者
    Co-Founder and Co-CEO, Waris Co., Ltd.

    大学卒業後、出版社で約11年編集記者。雑誌「日経ウーマン」を担当し、取材・調査を通じて接してきた働く女性の声はのべ3万人以上。女性がイキイキと働き続けるためのサポートを行うため2012年退職。フリーランスのライター・キャリアカウンセラーを経て2013年フリーランス女性と企業とのマッチングを行う株式会社Warisを共同設立。著書に『普通の会社員がフリーランスで稼ぐ』。一般社団法人プロフェッショナル&パラレルキャリア・フリーランス協会理事。
    Miwa Tanaka, co-founder and co-CEO of Waris Co., Ltd. launched the company in 2013 to provide job-matching services to highly skilled women to encourage them to continue advancing their careers after having children. To date, more than 4,000 women have registered with Waris, which connects their skill sets and professional experience to suitable Japanese companies through a flexible work schedule.
  • 若林 直子

    若林 直子NAOKO WAKABAYASHI

    ソーシャルピーアール・パートナーズ株式会社
    代表取締役
    CEO, SOCIAL PR PARTNERS

  • 松葉 信彦

    松葉 信彦NOBUHIKO MATSUBA

    ライフハッカー[日本版]
    編集長
    Editor in Chief, lifehacker

  • 岡 徳之

    岡 徳之NORIYUKI OKA

    株式会社Livit Tokyo / Livit Singapore Pte. Ltd / Livit Amsterdam
    代表取締役
    Livit Tokyo, Inc. / Livit Singapore Pte. Ltd / Livit Amsterdam

    慶應大学経済学部を卒業後、PR会社に入社。2011年に独立し、ライターとしてのキャリアを歩み始める。執筆分野をマーケティング、テクノロジー、ビジネスに広げ、企業のオウンドメディアの企画制作にも従事。案件規模の拡大にともない、編集やメディア運営も担当するように。現在はアムステルダムを拠点に、欧州・アジア各国をまわりながら Livit の運営とコンテンツの企画制作を行う。これまで「ビジネスインサイダー」など有力メディア30媒体以上を担当。
    After graduating from Keio University, Oka went independent in 2011 and became a writer. Upon expanding his article topics into marketing, technology, and business, he also began to pursue content planning and production for company owned media. He is currently based in Amsterdam, where he manages Livit and plans and produces content as he travels from country to country. In the past he has handled a total of 30 types of prominent media platforms including “Business Insider Japan”.
  • 仙波 レナ

    仙波 レナRENA SEMBA

    スタイリストStylist

  • 鈴木 伶奈

    鈴木 伶奈RENA SUZUKI

    Lean In Tokyo Co-founder 代表理事
    インクルージョン・ジャパン株式会社 コンサルタント
    Co-founder and Representative Director, Lean In Tokyo
    Consultant, Inclusion Japan Inc.

    新卒で外資系投資銀行に入社し、シンガポール支社・東京支社にて経験を積む。日本で働き始めたことをきっかけに、日本社会におけるウーマンエンパワーメントの重要性に気づき、Faecbook COOシェリル・サンドバーグ氏が創設したNPO団体Lean Inの日本地域代表となるLean In Tokyoを設立、代表理事に就任。現在はインクルージョン・ジャパンにて、ベンチャー支援やコンサルティング案件にも従事。慶應ゲスト講師、TEDxYouth登壇。
    After graduating from Keio University, Rena started working for investment banks in Singapore and Tokyo. While working in Tokyo, she realized that there was a strong necessity to promote gender equality in Japan and to provide a supportive environment for women to "Lean In". As a result, Rena founded Lean In Tokyo, the Japanese regional leader of the Lean In movement, founded by Facebook COO Sheryl Sandberg. Rena also works at Inclusion Japan Inc. as a venture capitalist and consultant.
  • 秋吉 梨枝

    秋吉 梨枝RIE AKIYOSHI

    株式会社ロジクール
    デジタルオペレーションシニアマネージャー
    Sr. Manager, Digital Operations, Logitech Inc

    高校時代から独学でコーディングを学び、大学卒業後に入社したインターネット関係の企業でEC事業に従事。Webサイトのディレクションの他、商品・プロモーション企画や情報管理など幅広い業務に携わる。その後、渡米し、ベンチャー企業でBtoBマーケティングを担当する。帰国後Logitech Inc(株式会社ロジクール)に入社し、コーポレートサイトの日本エリアを統括。さらにアジアパシフィック、全世界へと管轄する範囲を広げ、現在は46の国・地域に向け情報を発信する、コーポレート/ブランドサイトのグローバル責任者を務める。
    Rie Akiyoshi is Senior Manager, Digital Operations in Global Brand Equity at Logitech Inc, where she leads content operations globally for corporate and brand websites. Her team is responsible for managing 46 countries/areas supported websites and thriving for compelling Web Experiences to deliver innovative product experiences and messages. Prior to Logitech, she was in charge of International B2B Marketing at a startup company based in San Francisco. Akiyoshi began her career in Ecommerce business at a company, where she joined after graduated university.
  • 入澤 諒

    入澤 諒RYO IRISAWA

    株式会社リクルートライフスタイル
    新規事業開発担当者
    Business Development Director, Recruit Lifestyle Co., Ltd.

    大学卒業後、モバイルIT企業に入社。 女性向けの健康管理サービスの企画・プロモーションのディレクションや遺伝子検査サービスの立ち上げを担当。
    2014年11月にリクルートライフスタイルに入社し、新規事業開発部門に配属。 新規事業として『Seem(シーム)』を立ち上げ、現在はSeem事業全体の戦略策定からUXの検討、プロダクト開発までを担当する。

    After graduating, Ryo joined a mobile IT company. He had worked as a director of planning and service glowth for womens' healthcare service and launching genetic testing service.
    In Nov 2014, he Joined Recruit Lifestyle Co. and assigned to a business development division. He launched ""Seem"" -sperm selfcheck service- as a new business, and now is in charge of the strategy formulation of the entire Seem project, UX, and product development.

  • 塩崎 良子

    塩崎 良子RYOKO SHIOZAKI

    株式会社TOKIMEKU JAPAN
    代表取締役社長
    CEO, TOKIMEKU JAPAN

  • 中山 紗彩

    中山 紗彩SAAYA NAKAYAMA

    SHE株式会社
    代表取締役
    CEO, SHE Inc.

  • 和田 幸子

    和田 幸子SACHIKO WADA

    株式会社タスカジ
    代表取締役社長
    CEO/Founder, TASKAJI Inc.

    富士通にてSE、新規事業立上げ等を担当。自身の課題でもあった共働き家庭の「新しいライフスタイル」実現に必要な社会インフラを作るため、2013年にブランニュウスタイル株式会社(現・株式会社タスカジ)設立。翌年、家事代行マッチングプラットフォーム「タスカジ」をオープン。経済産業省戦略的国際標準化加速事業 標準化調査委員会委員。ウーマン・オブ・ザ・イヤー2018受賞。横浜国立大学卒業、慶應ビジネス・スクール修了(経営学修士)。
    Sachiko joined Fujitsu in 1999 and started her first career as an engineer. At Fujitsu, she experienced system development, web marketing, and new business development. In order to create a new lifestyle, she founded ""Brandnew-Style Inc.""(as is ""TASKAJI Inc."") in November 2013, and launched housekeeper matching platform ""TASKAJI"" in July 2014. Awarded as ""Nikkei Woman of the Year 2018"". Lives with her husband and 9-years-old son. Bachelor degree at Yokohama National University, MBA at Keio Business School
  • 関谷 里美

    関谷 里美SATOMI SEKIYA

    株式会社 スルシィ
    代表取締役
    CEO, SULCI Inc.

    女子美術短期大学卒。語学習得のため渡英。帰国後、欧米からの輸入雑貨店を東京・青山で25年続ける。閉店後、フィリピンのセブ島で現地の女性たちに天然素材ラフィアを使用した手編みバッグの技術指導を開始。品質の確立とバッグの供給見通しがついた2011年11月、エシカルxフェアトレードのバッグブランド、スルシィ設立。高いクオリティの製品とアジアの国から女性たちの可能性を世界に発信している。バッグデザイナーも兼任。日本とフィリピンを行き来している。
    Graduated from Joshibi College of Art and Design. Opened and managed own import shop in Tokyo for 25 years. After closing it, started to provide design and technical training for hand-crocheted bags using raw material “Raffia” to the women in Cebu Island in the Philippines and now sells the products at department stores. Aims to contribute to the eradication of poverty by providing opportunity and support to women. Now disseminating women’s possibility from Asian country to the world.
  • 水谷 伸吉

    水谷 伸吉SHINKICHI MIZUTANI

    一般社団法人more trees
    事務局長
    Exective Director, More Trees

    1978年東京生まれ。 慶応義塾大学経済学部を卒業後、2000年より㈱クボタで環境プラント部門に従事。 2003年よりインドネシアでの植林団体に移り、熱帯雨林の再生に取り組む。 2007年に坂本龍一氏の呼びかけによる森林保全団体「more trees」の立ち上げに伴い、活動に参画し事務局長に就任。日本の森づくりをベースとした国産材プロダクトのプロデュースのほか、熱帯雨林の再生活動、カーボンオフセット、ツーリズム、被災地支援も手掛ける。
    1978 Born in Tokyo,Japan 2000 Graduated from Keio University Kubota corporation 2003 Project manager of reforestation in Indonesia 2007 Executive director of More Trees
  • 伊藤 詩織

    伊藤 詩織SHIORI ITO

    ジャーナリスト、ドキュメンタリー映像作家Journalist, Documentary Filmmaker

    1989年生まれ。フリーランスで、エコノミスト、アルジャジーラ、ロイターなど主に海外メディアで映像ニュースやドキュメンタリーを発信する。自らのレイプ被害をもとに日本の法的、社会的現状を問いかける「Black Box」(文藝春秋)を刊行。
    Shiori is a Journalist and Documentary filmmaker, working worldwide and mainly focused on social issues. She recently published a book "Black Box" based on her rape experience, she talks about how legal and social system need to be changed in Japan.
  • 武井 史織

    武井 史織SHIORI TAKEI

    アドビシ ステムズ株式会社
    コミュニティーマネジャー
    Community Manager, Adobe Systems Inc.

    アドビのクリエイター向けソフトクリエイティブクラウドのコミュニティーマネージャーとしてグローバルチームに所属。世界100都市以上で開催中の述べ3万人以上のクリエイターが参加し続けるイベント『Adobe Creative Jam』のアジア開催に従事。 また「デザインの力 」と「地域活性」・「教育」を掛け合わせた課題解決型プログラム『Design Jimoto』を立ち上げ、各地コミュニティーと連携の上、産業を横断した場づくりを手がける。
    Creative Cloud Community Mgr. at ADOBE. Organizing global community event called “Adobe Creative Jam” where more than 30,000 creative professionals attended so far in over 100 cities worldwide. Also created in-person design program called “Design Jimoto” where local creatives are challenged to solve local issue by design-led approach. This is to showcase what the power of design can do to make a better society. https://blogs.adobe.com/creativestation/author/shiori-takei
  • 西村 創一朗

    西村 創一朗SOICHIRO NISHIMURA

    株式会社HARES(ヘアーズ)
    代表取締役
    CEO, HARES inc.

    大学卒業後、新卒でリクルートキャリアに入社後、法人営業・新規事業開発・人事採用を歴任。本業の傍ら2015年に株式会社HARESを創業し、仕事、子育て、社外活動などパラレルキャリアの実践者として活動を続けた後、2017年1月に独立。独立後は複業研究家として、働き方改革の専門家として個人・企業向けにコンサルティングを行う。講演・セミナー実績多数。2017年9月より「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」(経済産業省)の委員を務める。
    CEO / HR Marketer HARES inc.
  • スプツニ子!

    スプツニ子!Sputniko!

    東京大学生産技術研究所
    RCA-IISデザインラボ
    特任准教授
    Project Associate Professor, The University of Tokyo

  • 横石 崇

    横石 崇TAKASHI YOKOISHI

    Tokyo Work Design Week / &Co.
    Tokyo Work Design Weekオーガナイザー
    Organizer of Tokyo Work Design Week, Tokyo Work Design Week / &Co.

    「TOKYO WORK DESIGN WEEK」発起人 / オーガナイザー。&Co.Ltd代表取締役。 1978年大阪市生まれ。2016年に&Co.Ltd設立。ブランド開発や事業コンサルティング、クリエイティブプロデュースをはじめ、人材教育ワークショップやイベントなど、企業の内と外において”場の編集”を手法に、様々なプロジェクトを手掛ける。『WIRED』日本版 公認コントリビューター。
  • 本田 哲也

    本田 哲也TETSUYA HONDA

    ブルーカレント・ジャパン株式会社
    代表取締役社長/CEO
    Managing Director/CEO, BlueCurrent Japan Inc.

    1999年フライシュマン・ヒラード入社。2006年ブルーカレント・ジャパンを設立。「世界でもっとも影響力のあるPRプロフェッショナル300人」にPRWEEK誌によって選出された日本を代表するPR専門家。2009年に『戦略PR』を上梓、広告業界にPRブームを巻き起こす。 戦略PRの著作、講演実績多数。2017年カンヌライオンズPR部門審査員。2015年より外務省が主催する国際女性会議WAW!のアドバイザリーを務める。
    Joined Fleishman Hillard in 1999. He launched BlueCurrent Japan as a sister agency in 2006. He published a book “Strategic PR” in 2009 and is a frequent speaker on marketing and PR innovation and an author of several popular business books. He was recently named “PR Professional of the Year 2015” by PRWeek.He has been named to the PR jury for this year’s Cannes Lions 2017.He has served as an advisory for WAW!(World Assembly for Women) since 2015.
  • 田上 智子

    田上 智子TOMOKO TAGAMI

    プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
    広報渉外部 企業広報シニアマネージャー
    ダイバーシティ&インクルージョン、CSR等を担当
    Communications Dept. Corporate Communications Senior Manager, in charge of Diversity & Inclusion / CSR, Procter & Gamble Japan K.K

    神奈川県出身。1995年新卒でP&G日本法人に入社。ヘルスケア、ヘアケア事業部でブランドマネージメントを担当。2000年、P&G日本法人の製品広報部(ヘアケア)を立ち上げる。2002年、管理職へ昇格。2006年出産、翌年職場復帰。2012年から2015年までシンガポールにて、アジア本社ホームケア事業部広報リーダーとして、日中韓、ASEAN、オセアニア全10カ国の広報戦略作成・危機管理を担当。2017年より現職。シンガポール母子赴任を経験した一児の母。2017年度ワーママ・オブ・ザ・イヤー大賞受賞。
    Originally from Kanagawa Pref. Joined P&G Japan in 1995, as an Assistant Brand Manager in Health Care business. In 2000, launched Product PR function (Hair Care) for the first time in P&G Japan. Promoted to manager in 2002. Took maternity/child care leave in 2006-07. From 2012 to 15, relocated to Singapore as the Head of Communications in P&G Home Care business in Asia. A mother with a 11yrs old boy, who experienced oversea assignment only among mom/son. Awarded as the Best Working Mom of the Year in 2017.
  • 田中 俊之

    田中 俊之TOSHIYUKI TANAKA

    大正大学
    准教授
    Associate Professor, Taisho University

    大正大学心理社会学部人間化学科 准教授 博士(社会学) 
    Taisho University Faculty of Psychology and Sociology , Department of Human Sciences Associate Professor Doctor of Sociology
  • 鎌田 恭幸

    鎌田 恭幸YASUYUKI KAMATA

    鎌倉投信株式会社
    代表取締役社長
    President / Representative Director, Kamakura Investment Management Co.,Ltd

    日系・外資系信託銀行を通じて30年にわたり資産運用業務に携わる。株式等の運用、運用商品の企画、年金等の機関投資家営業等を経て、外資系信託銀行の代表取締役副社長を務める。2008年11月 鎌倉投信(株)を創業。社長として事業全体を統括する。資本の論理に翻弄される金融から脱却し、社会をほんとうに豊かにするための金融のあり方を、実直に、誠実に求め続ける。
  • 石川 善樹

    石川 善樹YOSHIKI ISHIKAWA

    Campus for H
    共同創業者
    Co-Founder, Campus for H

    1981年、広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。「人がよりよく生きるとは何か」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。 専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学など。2017年7月、子ども向け理系絵本『たす』〈白泉社〉が刊行。また近日『思想としての予防医学』が刊行予定。@ishikun3

    Yoshiki earned a bachelor’s degree in Health Science from the University of Tokyo, a Master of Science in Health Policy and Management from Harvard School of Public Health, and a PhD in Medicine from Jichi Medical School. As a public health researcher and science journalist, Yoshiki specialized in Health Policy and Management, Behavioral Science, and Computational Creativity with the aim of advancing the well-being of humanity through a mathematical and computational approach with big data.
    http://yoshikiishikawa.com

  • 春日井 良隆

    春日井 良隆YOSHITAKA KASUGAI

    日本マイクロソフト株式会社
    Windows & デバイス ビジネス本部
    Windowsプロダクトマーケティングマネージャー
    Windows Product Manager, Windows & Device Business Group, Microsoft Japan Co., Ltd.

  • 川島 蓉子

    川島 蓉子YOKO KAWASHIMA

    伊藤忠ファッションシステム株式会社
    取締役
    Director, itochu fashion system co.,ltd.

    早稲田大学商学部卒業、文化服装学院マーチャンダイジング科終了。ifs未来研究所所長、ジャーナリスト。多摩美術大学非常勤講師。日経ビジネスオンラインや読売新聞で連載を持つ。『TSUTAYAの謎』『社長、そのデザインでは売れません!』(日経BP社)、『ビームス戦略』(PHP研究所)、『伊勢丹な人々』(日本経済新聞社)、『みらいをひらく、わたしの日用品』(リトルモア)。1年365日、毎朝、午前3時起床で原稿を書く暮らしを20年来続けている。
  • 前田 裕二

    前田 裕二YUJI MAEDA

    SHOWROOM株式会社
    代表取締役社長
    Chief Executive Officer, SHOWROOM Inc.

    2010年に早稲田大学卒業後、UBS証券株式会社に入社。2011年、UBS Securities LLCに移りニューヨーク勤務を経た後2013年に株式会社ディー・エヌ・エー入社。ライブ配信プラットフォーム「SHOWROOM」を立ち上げる。2015年に当該事業をスピンオフ、SHOWROOM株式会社を設立。ソニー・ミュージックエンタテインメントからの出資を受け、合弁会社化。 現在はSHOWROOM株式会社・代表取締役社長として事業を率いる。
    Yuji Maeda joined UBS Securities Japan in 2010 after he graduate from Waseda University. In July 2011 he was transferred to UBS Securities LLC in New York.After three years of his career , he met Tomoko Namba, the founder of DeNA ,which made him join DeNA afterward. He launched ""SHOWROOM"" in 2013 as an internal corporate venture of DeNA, which being spun off into a separate company in 2015. Now he leads whole business as the CEO of SHOWROOM Inc.
  • 一木 裕佳

    一木 裕佳YUKA ICHIKI

    株式会社バンダイナムコウィル
    取締役
    Director, BANDAI NAMCO Will Inc.

    2005年 株式会社ナムコ(現株式会社バンダイナムコエンターテインメント)入社 産官学連携・教育事業の立上げ、ゲーム業界初の文部科学省検定教科書事業に参入。 2010年より新規事業部GMを6年務める。 ゲームクリエイターの開発ノウハウを体系化したコンサルティングサービスや 出資含めたベンチャー連携事業の立上げを行う。 2016年4月より現職。10年来異動希望し続けた念願の障がい者雇用事業を担当。
    Joined BANDAI NAMCO Entertainment Inc. in 2005, starting a collaboration between industry-government-academia, making NAMCO the very first game maker to make it on the list of official teaching materials authorized by the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. Appointed GM of New Business Development Dept. in 2010, initiating new businesses such as consulting service based on NAMCO's experience in game development and start-up collaboration projects including investment. April 2016, 10 years since first requesting transfer, finally joined the NAMCO BANDAI Will, specializing in employment of the disabled.
  • 島田 由香

    島田 由香YUKA SHIMADA

    ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
    取締役 人事総務本部長
    Director, Unilever Japan Holdings K.K

    慶応義塾大学卒業後、株式会社パソナを経て、2002年米国ニューヨーク州コロンビア大学大学院卒業。組織心理学修士号取得。 その後、日本GE(ゼネラル・エレクトリック)にて人事マネジャーを経験し、現職。 R&D、マーケティング、営業部門のHRビジネスパートナー、リーダーシップ開発マネジャー、 HRダイレクターを経て現在に至る。米国NLP協会マスタープラクティショナー、マインドフルネスNLP-Rトレーナー。日本の人事部HRアワード2016 個人の部・最優秀賞受賞。
    Joined Unilever in 2008 as HR Manager, became HR Director in 2012, assuming current role since 2013. Prior to Unilever, joined Pasona Inc after graduated from Keio University, then obtained M.A in Organizational Psychology from Columbia University Graduate School in NY. Worked at General Electric from 2002 to 2008 where experienced HR Leadership Program, HRBP, LD, and HR Service. Married with 12-year-old son. Certified NLP master practitioner, Mindfulness NLP-R Trainer.
  • 山岸 祐加子

    山岸 祐加子YUKAKO YAMAGISHI

    MYLOHAS
    編集長
    Editor in Chief, MYLOHAS

    広告代理店、女性誌の編集者を経て、2000年株式会社カフェグローブ・ドットコムに入社。日本の女性向けウェブメディアの草分け『cafeglobe(カフェグローブ)』にて副編集長を担当。2009年、コンデナスト・ジャパンに入社し、ウェブ・エディター、プロデューサーとしてVOGUE JAPANのタイアップ、特集などを担当。2017年3月より、メディアジーンが運営するWebメディア『MYLOHAS(マイロハス)』の編集長に。
  • 加藤 有紀子

    加藤 有紀子YUKIKO KATO

    株式会社 リンクス
    代表取締役社長兼CEO
    CEO, Lynx Business Development Inc.

  • 山口 有希子

    山口 有希子YUKIKO YAMAGUCHI

    パナソニック株式会社
    コネクティドソリューションズ社 常務
    エンタープライズマーケティング本部 本部長
    Managing Officer Connected Solutions Company, (Con.) Director, Enterprise Marketing Division, Panasonic Corporation

  • 遠藤 祐子

    遠藤 祐子YUKO ENDO

    カフェグローブ
    編集長
    Editor in Chief, cafeglobe

    多摩美術大学大学院修了後、同大学情報デザイン学科研究室に勤務。のちフリーエディター・ライターとして雑誌、ウェブサイト制作に携わり、2005年、株式会社カフェグローブ・ドット・コムに入社。cafeglobe副編集長、編集長をつとめ、2012年より株式会社メディアジーンでカフェグローブ編集長に。MYLOHAS編集長、女性メディア統括プロデューサーを歴任し2015年より現職。2017年4月カフェグローブ編集長に。

    Yuko Endo is the producer and Chief Editing Officer of Mediagene. She has worked for several women's media since she started her career as a magazine editor. Worked at Cafeglobe.com Inc. as a chief editor of "Cafeglobe" (since 2005) , Joined Mediagene in 2012 and worked as a chief editor of “Cafeglobe" and "Mylohas”. She has been put in charge of directing all medias in Mediagene, including Gizmodo and Lifehacker and so on. She has produced various web contents for women in various generations, and directed a large-scale editorial tie-up advertisement for a major companies. Born in Tokyo in 1973, Graduated from Tama-Art University.

  • 加藤 優子

    加藤 優子YUKO KATO

    オマツリジャパン株式会社
    代表取締役
    CEO, Omatsuri Japan Co., Ltd.

  • 井上 裕太

    井上 裕太YUTA INOUE

    QUANTUM\GLOBAL
    CEO
    CEO, QUANTUM\GLOBAL

    マッキンゼーで日米欧の顧客へのコンサルティングに従事後、独立し日米で活動。『WIRED』北米特派員を兼務。文科省では「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」を共同発案した。 現在は東京、京都とシリコンバレーを拠点とし、NTTグループ、グーグル、パナソニックなどのパートナーとして新規事業や事業を生む仕組みを作っている。 スイスのサンガレン・シンポジウムによりKnowledge Poolに選出。ACC賞イノベーション部門審査委員。
    Yuta heads QUANTUM\GLOBAL, an innovation + startup studio based in Tokyo, Kyoto, and Silicon Valley. We combine our UX Design, Prototyping, and Storytelling capabilities with a global network for open innovation in order to create, innovate, and transform businesses that improve people's lives. Yuta used to work at McKinsey, Wired Magazine Japan, and Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. Yuta was selected as Knowledge Pool member for St.Gallen Symposium and Creative Innovation Jury for ACC Tokyo Creativity Awards.

PICK UP CONTENT