SPEAKERS

国・分野・性別を問わず、先進的な取り組みを実践してきたスピーカーたちが登壇します。
Expect speakers of all sorts, pioneers and forerunners of different fields, countries and sexes.

  • CLARRE TOUSIGNANT

    Managing Partner, MASSIVart

    Clarre Tousignantは8年以上に渡り企業、NPO、行政などとの持続的なパートナーシップ作りを得意としています。修士課程を終了後、金融業界で勤めた後に2014年にMASSIVartに転職し、多くのコラボレーション作品を生み出し利益を3倍にすることに貢献。その後はコラボレーションを推進するだけでなく、MASSIVartのアジア責任者、そして企業の戦略作りも担ってます。氏はカナダ・ケベックとして初めて中国・上海で60以上のパートナーを巻き込んでグローバルのクリエイティブプロジェクトをローンチすることに成功。 また、MASSIVartとは別に女性活躍の活動にも力を注いでおり、Chamber of Commerce for Womenをケベックで立ち上げました。
    Claire Tousignant has a passion for for building strong and sustainable partnerships. Over the last 8 years, she has been developing cooperation agreements with governments, global firms and non-profit organizations. After graduating her Masters degree with honours from the University of Ottawa and the University of Sydney, Claire worked in finance, collaborating with c-level executives from the largest global financial players such as Manulife AM, BNP Paribas, Aon, and Maples FS to favour their growth in Canada. In 2014, Claire joined MASSIVart and has since helped the company triple its total revenues. Claire is now Managing Partner and her role in MASSIVart not only includes developing collaborations but also: - Lead MASSIVart’s division in Asia - Supervise governmental relationships - Manage corporate strategy Claire has developed the Québec government’s first showcase of its creative industries in Shanghai. This project involved more than 60 local and international partners. This platform greeted the Prime Minister’s delegation in January 2018. Besides pursuing a full time career at MASSIVart, Claire sits on the board of different organizations: Fashiontech Festival Chromatic Festival Junior Chamber of Commerce for Women (President and Founder)
  • GINA PARK

    Founder, EVE

    韓国発の女性に向けたウェルネスサポートを目的としてヘルスケアブランド、EVEの創立者。EVEの信念としてこれまでの商品・サービスとは異なり、ナチュナルでよりオーガニックの商品は多くの人々のセックス、月経、避妊についての考え方を変えると信じています。
    Gina Park is the co-founder of EVE, a South Korea based healthcare brand that promotes sexual health for women. At EVE, we believe in healthy, natural, equal products that change how people perceive contraception, menstruation, and sex.
  • JACK SIM

    Founder, World Toilet Organization

    世界のトイレ事情を調査・研究し、途上国のトイレの普及活動に力を注いでいるトイレの伝道師 - Mr. ToiletMr. Toilet has been changing and causing evolution of toilets across the world.

    社会起業家に転身した元起業家。24歳のときの大学落第をきっかけに、オーストラリアのインターナショナルスクール事業のシンガポール展開をはじめ、マレーシア最大のレンガ工場など16もの中小事業を立ち上げる。40歳で社会起業家に転身、World Toilet Organizationをはじめとする7つの社会的事業を手がける。2013年には11月19日を「世界トイレデー」に制定するよう提唱、国連総会で満場一致で認められた。現在は世界的に功績を知られる社会起業家として活躍。受賞歴、講演実績多数。
    Serial entrepreneur turned serial social entrepreneur. Failing to qualify academically for university at 24, he started a series of 16 successful small and medium enterprises including the Australian International School in Singapore with 3500 students, biggest bricks factory in Malaysia, At age 40, he attained financial independence and retired from business to devote full time as social entrepreneur.
    He founded the following social enterprises:
    1. Restroom Association of Singapore
    2. World Toilet Organisation
    3. 45 Rice
    4. School of Gumption
    5. Nation Builders
    6. World Toilet College
    7. BOP HUB
    He also created the UN World Toilet Day 19 November unanimously adopted by all 193 countries of the UN General Assembly.
    He has since won many accolades:
    1. Schwab Fellow of World Economic Forum.
    2. Ashoka Global Fellow.
    3. Her Majesty Queen Elizabeth Commonwealth Points of Light Award.
    4. President Volunteerism and Philanthropy Award
    5. Luxembourg Peace Prize for Activist.
    He went back to university graduating witj Master in Public Administration at age 56. At age 59, he graduated at Singularity University, NASA Mountain view USA.
    He is now :
    1. Adjunct Associate Professor at Lee Kuan Yew School of Public Policy at National University of Singapore.
    2. Honorary Professor at Shobhit University in Uttar Pradesh, India
    3. Social Entrepreneur in Residence at Insead Business School
    4. Speaker at Singularity University.
  • ROYA MAHBOOB

    CEO and President, Digital Citizen Fund

    テクノロジーを通してアフガニスタンの女性支援を推し進める、Roya。TIME誌の「世界で最も影響力のある100人」(2013年)に選出。Roya is using technology to change the lives of thousands of women in Afghanistan and she was named one of Time magazine’s 100 most influential people in 2013.

    ロヤ・マフブーブ氏は起業家で、Digital Citizen Fund、Bright Citizen ( Coffee& Tea)、EdyEdyのCEO兼代表取締役を務めています。彼女は、開発途上国における女性や子供の #デジタル読解力 構築に注力してきました。そして #デジタル読解力 に関する彼女の個人的な目標は、新会社およびそのプラットフォームEdyEdyを通じて、開発途上国の女性・若者に対する実践的なオンラインスキルを提供することによって、教育と雇用市場の間にあるギャップを埋めることです。マフブーブ氏はまた、Digital Citizen Fundの代表取締役兼取締役会メンバーを務め、アフガニスタンなどの開発途上国における女性のテクノロジー関連技能の向上や少年少女向けの雇用および教育機会の提供を目標に掲げるとともに、アシュフォード大学フォーブス・スクール・オブ・ビジネス、Resolution Project、Global Thinkers Forumの顧問委員として名を連ねています。
    Roya Mahboob is a serial entrepreneur, CEO and President of Digital Citizen Fund, Bright Citizen ( Coffee& Tea) and EdyEdy. She focused on building #Digital Literacy for women and children in developing countries. And her personal goal for #Digital Literacy is to bridge the gap between education and job markets by offering practical online skills in her new company and platform EdyEdy for women and youth in developing countries. Roya Mahboob is also President and board member of the Digital Citizen Fund, with aims to increase women’s technological literacy and provide employment and educational opportunities for girls and children in developing countries like Afghanistan and sits on the Advisory Board of Forbes School of Business of Ashford University, Resolution Project, and the Global Thinkers Forum organization. Roya was named to TIME Magazine’s 100 Most Influential People in the World for 2013 for her work in building internet classrooms in high schools in Afghanistan. The TIME 100 essay was written by Facebook COO, Sheryl Sandberg who is also the author of “Lean In Women, Work and the Will to Lead”. She is also a member of the 2014 Tribeca Disruptive Innovation Awards, Civic Innovators, The Advancement of Gender Equality through Education Award, Young Leader of World Economic Form in 2015 and the Overture Catalyst Award in 2017. Links to a documentary and speeches
  • 濱田	章裕

    濱田 章裕AKIHIRO HAMADA

    慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室
    精神科医・産業医
    Psychiatrist ・Industrial doctor, Keio University School of Medicine, Department of Neuropsychiatry

    精神科医。産業医。慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室所属。現在、大手製薬会社にて統括産業医を行いつつ、慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程に在学し産業医学関連の研究に従事。 アートと医療の関係性、より社会に開かれた医療、に関心がある。CYPAR メディカルアドヴァイザー。東京代官山ロータリークラブ幹事。猫好き。
    Akihiro is a psychiatrist and industrial doctor who belongs to Department of Neuropsychiatry, Keio University School of Medicine. He’s also in Graduate School of System Design and Management. He pursues his interest in interactions between art and medicine, and the possibility of medicine more open to society. Medical advisor of CYPAR. Member of Rotary Club of Tokyo Daikanyama. Cat lover.
  • 清水	晶子

    清水 晶子AKIKO SHIMIZU

    東京大学
    教授
    Professor, the University of Tokyo

    専門はフェミニズム、クィア理論、身体とその(自己)表象、クィアディスアビリティ論、ポストコロニアルフェミニズムなど。主著として_Lying Bodies: Survival and Subversion in the Field of Vision_(Peter Lang. 2008)。毎年秋に研究科の院生達と開催するクィア理論入門公開連続講座は、アクティビストや研究者からテーマに個人的に興味をもった人まで、多岐にわたる参加者を得ている。
    Shimizu is the author of _Lying Bodies: Survival and Subversion in the Field of Vision_(Peter Lang. 2008), and other articles/book chapters on feminist and queer politics in Japan. Her research interests include feminist and queer theories, theories of bodies, queer disability studies, and postcolonial feminist theories. She also organizes an annual lecture series on queer studies open to a public audience, attracting a diverse range of attendees from activists and researchers to those who have a personal interest in the subject.
  • 笹原 明代

    笹原 明代AKIYO SASAHARA

    読売新聞東京本社
    メディア局編集部次長・OTEKOMACHIビジネスプロデューサー
    DEPUTY MANAGER,NEWS DEPARTMENT, DEGITAL MEDIA BUREAU
    THE YOMIURI SHIMBUN

    上智大卒。1989年読売新聞東京本社入社。広告営業、イベント企画、映画出資事業などを経て、現在はデジタルメディア事業部門で、働く女性のための情報サイト「OTEKOMACHI(大手小町)」のビジネス推進に従事。
  • 井土 亜梨沙

    井土 亜梨沙ARISA IDO

    ハフポスト日本版
    「Ladies be Open」ディレクター/ブログエディター
    Director of Ladies Be Open/Blog editor,
    HuffPost Japan

    1990年生まれ。一橋大学卒業。ハフポスト日本版ブログエディター。「Ladies Be Open」のプロジェクトを立ち上げ、女性のカラダにまつわる様々な情報を発信している。1カ月間メイクしない自身の生活を綴った「すっぴん日記」なども。
    Director of Ladies Be Open, Blog editor, HuffPost Japan. Born in 1990. Graduated from Hitotsubashi University.
  • 清水 文太

    清水 文太BUNTA SHIMIZU

    フリーfreelance

    "17歳の時短期間でのスタイリストアシスタントを経験。児童館やたい焼き屋・八百屋での勤務もしていた。 19歳にして水曜日のカンパネラのツアー衣装を手がけ、モデルとしてdoublet・DolceandGabbana・Mihara Yasuhiro のショーにも出演。 装苑・Webmagazine「GLITTY」でのコラム執筆 自ら買い付けした古着のpopupショップ、渋谷TSUTAYAでのデザインディレクション、ギャラリーでのアート展示などを開催。アーティスト・クリエイターとして多岐にわたる活躍を見せている。"
  • 林 千晶

    林 千晶CHIAKI HAYASHI

    株式会社ロフトワーク
    代表取締役
    Co-founder, Loftwork Inc.

    早稲田大学商学部、ボストン大学大学院ジャーナリズム学科卒。花王を経て、2000年にロフトワークを起業。Web、ビジネス、コミュニティ、空間など、手がけるデザインプロジェクトは多岐に渡る。グローバルに展開するデジタルものづくりカフェ「FabCafe」、素材に向き合うクリエイティブ・ラウンジ「MTRL」、クリエイターとの共創を促進するプラットフォーム「AWRD」などを運営。MITメディアラボ 所長補佐、森林再生とものづくりを通じて地域産業創出を目指す「株式会社飛騨の森でクマは踊る」代表取締役社長も務める。
    Co-founded Loftwork Inc. in 2000, which rolls out the diversely projects including web, community, and spacial design initiatives. The agency operates multiple services: “FabCafe”, a digital manufacturing cafe, and “MTRL”, a creative space for creators, “AWRD”, a platform to promote co-creation with creators. She also serves as the Japan Liaison to the Director of MIT Media Lab, and CEO of Hidakuma. Hidakuma is a new form of public-private joint enterprise, which aims to create regional industries through traditional techniques and forest regeneration.
  • 上村	千絵

    上村 千絵CHIE UEMURA

    オムロン株式会社
    ダイバーシティ推進課長
    Manager
    OMRON Corporation

    購買部、経理部、経営戦略部を歴任。2012年人事部門に設置されたダイバーシティ推進専門部門に異動。 2017年現部門課長職就任。2女(15歳と8歳)のワーキングマザー。現在も育児短時間勤務で働く。
    Worked at Purchasing Dept., Accounting Dept., and Business Planning Dept. As establishing company’s first independent section for diversity promotion in 2012, transferred to Human Resources Dept. from its start. Became Manager of Diversity Promotion Section in 2017. Currently working mother of two daughters (15 and 8 years old) using a company system of short-time work for child care.
  • 近藤	千尋

    近藤 千尋CHIHIRO KONDO

    ポーラ・オルビスホールディングス
    マルチプルインテリジェンスリサーチセンター キュレーションチームリーダー
    multiple intelligence research center curation team manager, POLA ORBIS HOLDINGS

    東京大学大学院薬学系研究科卒。ポーラ化成工業入社後、10年以上にわたり、アンチエイジング・美白の基礎研究を行う。2015年より研究企画として研究戦略策定やオープンイノベーションを推進。2018年よりポーラ・オルビスホールディングス、マルチプルインテリジェンスリサーチセンターにて化粧品の枠をこえた新価値創出にむけ活動。世界中の技術情報・ニーズを探索するキュレーションチームを率いる。
    "The leader of Curation Team of Multiple Intelligence Research Center(MIRC) in POLA ORBIS HOLDINGS. After worked as a scientist on Anti-aging and Whitening, moved to R&D strategy office. Now engage in Open Innovation by gathering the information from all over the world."
  • 岡島 悦子

    岡島 悦子ETSUKO OKAJIMA

    株式会社プロノバ
    代表取締役社長
    President & CEO, ProNova Inc

    経営チーム開発コンサルタント、経営人材の目利き、リーダー育成のプロ。 三菱商事、ハーバードMBA、マッキンゼー、グロービス経営陣を経て、2007年プロノバ設立。丸井グループ、セプテーニ・ホールディングス、リンクアンドモチベーション、ランサーズ、ヤプリの社外取締役。世界経済フォーラムから「Young Global Leaders 2007」に選出。 主な著書に『40歳が社長になる日』(幻冬舎)がある。
    Management team development consultant, human resources cognoscente for management, and professional leader educator. Established ProNova in 2007, after working for Mitsubishi Corporation, finishing an MBA at Harvard and working for McKinsey and managing GLOBIS. Is an outside director at MARUI GROUP, SEPTENI HOLDINGS, Link and Motivation, Lancers, and Yappli. Was named by the World Economic Forum as a Young Global Leader in 2007. Bibliography includes ”The Day when 40-year-olds become Presidents“ (Gentosha).
  • 佐藤 悦子

    佐藤 悦子ETSUKO SATO

    株式会社サムライ
    SAMURAI マネージャー
    Manager, SAMURAI, Inc.

    1969年東京生。早稲田大学教育学部卒業後、広告代理店、外資系化粧品会社経て、2001年よりクリエイティブディレクター佐藤可士和率いる「SAMURAI」のマネージャーとして、数々の企業のブランド戦略、空間プロデュース等、時代の空気を表現しクリエイティブの新しい可能性を提示するプロジェクトに関わる。著書に『SAMURAI佐藤可士和のつくり方』(誠文堂新光社)、『佐藤悦子の幸せ習慣』(講談社)ほか。
    Graduated from Waseda University. In 2001, she participated in the creative studio SAMURAI established by Kashiwa, who is her husband and business partner. As Manager of SAMURAI, she has been involved with numerous projects to express the contemporary atmosphere of our time, such as developing branding strategies, and producing space plans/designs to expand new possibilities of creativity. She is the author of books “How to Make SAMURAI Kashiwa Sato,” “Etsuko Sato’s Habits for Happiness” and more.
  • 半澤 絵里奈

    半澤 絵里奈ELINA HANZAWA

    株式会社 電通 / 電通ダイバーシティ・ラボ
    プロデューサー
    PRODUCER
    DENTSU INC. / DENTSU Diversity LAB

    2009年電通入社。メディア/営業/マーケティング/ビジネス開発部門を経て、国際カンファレンスの立ち上げやメディア企画開発をプロデュース。幼少期から多様性に溢れた環境で過ごした経験を活かし、電通ダイバーシティ・ラボではダイバーシティ&インクルージョン領域のプロジェクトプロデュース、及びウェブマガジンcococolorの副編集長を務める。1984年、香港生まれ。
    Joined Dentsu in 2009. After working at Media, Account Management, Strategic Planning and Business Development Departments, she produced some global conferences and media development. Utilizing her experiences spent in culturally diverse environments since childhood, she has produced and developed projects/solutions in Diversity&Inclusion field, and been a deputy editor in the web magazine “cococolor” at DENTSU Diversity LAB. Born in Hong Kong in 1984.
  • 幸田 フミ

    幸田 フミFUMI KODA

    株式会社FUMIKODA
    代表取締役CEO / クリエイティブディレクター
    CEO / Creative Director, FUMIKODA INC.

    ウェブコンサルタント、デザイナー、著者。NYパーソンズ大学卒業後、現地のマーケティング会社に勤務し、大手ブランドのウェブサイト構築などを手がけた。帰国後ウェブコンサルティング会社ブープランを創業。IT活用のアドバイスや講演、執筆を行う。近著「はじめてのIoTプロジェクトの教科書」。NPO BLUE FOR JAPANを通して全国の児童養護施設に入所する児童の就労支援を行なっている。2016年に日本製、アニマルフリーの女性用ビジネスバッグブランド「FUMIKODA」を立ち上げクリエイティブディレクターを務める。
    1996 After graduating from Parsons School of Design in New York, she worked as a web designer at a fashion marketing firm in NYC. 2003 Founded “Booplan inc.”, a web marketing firm in Tokyo, Japan and become the CEO. Carried out corporate branding, website designing, web marketing and consulting. 2010 Published her first book, “Information Management Technique in the Age of Social Media”. 2011 Founded “BLUE FOR TOHOKU”, an NPO to support the reconstruction after the Great East Japan Earthquake. 2016 Founded “FUMIKODA” and became the Creative Director.
  • 金 高恩

    金 高恩GOEUN KIM

    JapanTaxi株式会社
    取締役常務執行役員CMO
    CMO, JapanTaxi Co.,Ltd.

    父の仕事で日本に来て26年。Cyberagent、netprice、Yahoo!JAPAN、FashionWalkerで新規事業や会社の立ち上げ、プロデュース業務を担当。その後、独立して多業種の企業の事業立ち上げをお手伝いした後、ファウンダーとして会社を立ち上げる。2015年JapanTaxiへ入社。現在はJapanTaxiのCMOとして、プロモーション全般および新規事業の立ち上げを担当するほか、タクシー車両搭載の広告タブレットを展開する株式会社IRISの代表取締役社長を兼務。
    Has resided in Japan for 26 years accompanying her father’s work there. Supervised new businesses at Cyberagent, netprice, Yahoo!JAPAN, and FashionWalker as well as having started a company and supervised production work. After that She became independent and assisted in the startup of companies in several industries before starting a company as a founder. In 2015 she joined JapanTaxi. Today she serves as CMO of JapanTaxi and supervises all promotions and launching of new businesses as well as also serving as the representative director and president of IRIS Inc.
  • はあちゅう

    はあちゅうHa-chu

    ブロガー、作家blogger/writer

    ブロガー・作家。慶應義塾大学法学部卒。電通コピーライター、トレンダーズを経てフリーに。「ネット時代の新たな作家」をスローガンに、ネットと 紙を中心に媒体を横断した発信を続ける。著作に「半径5メートルの野望」(講談社)など。月額課金制個人マガジン「月刊はあちゅう」が好評。 インスタグラムツイッター:@ha_chu
    Blogger and writer. Graduated from the Faculty of Law, Keio University. Became a copywriter at DENTSU, then worked for Trenders, before going freelance. Has been publishing articles on various platforms, both physical and digital, under the slogan of ”A New Type of Writer in the Age of the Internet.“ Bibliography includes ”An Ambition with a Radius of Five Meters“ (Kodansha). Is an acclaimed writer of the paid monthly personal magazine ”Ha_chu Monthly.“ twitter/instagram @ha_chu
  • 八木	春香

    八木 春香HARUKA YAGI

    経済産業省
    課長補佐
    Assistant Director, Ministry of Economy, Trade and Industry

    経済産業省大臣官房秘書課課長補佐。 2011年、経済産業省入省。自動車産業振興、イノベーション政策等を経て、2017年6月よりダイバーシティ・女性活躍推進政策に従事。「ダイバーシティ経営企業100選」、「なでしこ銘柄」等による事業会社のダイバーシティ経営の推進に加え、社会自体への女性参画を促進するため、女性復職支援プロジェクトを新たに立ち上げ。2018年8月より現職。
    ・Assistant Director, Personnel Division, Ministry of Economy, Trade and Industry.(2018.8-)

    ・2011,entered Ministry of Economy, Trade and Industry .
    ・2011-2016, promoted the automobile industry and innovation policy and so on.
    ・2017-2018, engaged in diversity management and female success promotion policy .
    -promoting diversity management on companies by ""Diversity Management Selection 100""and ""Nadeshiko Brand""
    - launching a female recruitment support project to promote women's participation in society
  • 増原	裕子

    増原 裕子HIROKO MASUHARA

    株式会社トロワ・クルール
    代表取締役
    CEO, Trois Couleurs Co., Ltd.

    LGBTアクティビスト。株式会社トロワ・クルール代表取締役。2011年よりレズビアンであることをオープンにして社会に対して積極的に発信をしている。2015年渋谷区パートナーシップ証明書交付第1号(2017年に離婚)。 慶應大学大学院修士課程、慶應大学文学部卒業。ジュネーブ公館、会計事務所、IT会社勤務を経て起業。ダイバーシティ経営におけるLGBT施策の推進支援を手がける。経営層、管理職、人事担当者、営業職、労働組合員等を対象としたLGBT研修・講演の実績多数。著書に『同性婚のリアル』等4冊がある。
    LGBT Trainer and Consultant. Master of Keio University, Graduate from Faculty of Literature of Keio University, studied abroad at University of Paris III. Founded TROIS COULEURS after work experience in IT, accounting firms and the Permanent Mission of Japan to the International Organizations in Geneva. First same-sex wedding at Tokyo Disney Resort (2013). First certificate under the Shibuya Partnership Ordinance (2015). Divorced (dissolved the partnership) in 2017.
  • 奥田 浩美

    奥田 浩美HIROMI OKUDA

    株式会社ウィズグループ
    代表取締役
    CEO&Founder, Wiz. Group, Inc.

    インド国立ボンベイ大学(現州立ムンバイ大学)大学院社会福祉課程修了(MSW)。1991年にIT特化のカンファレンス事業を起業し数多くのITプライベートショーの日本進出を支える。2001年にウィズグループを設立。2013年に株式会社たからのやまを創業。情報処理推進機構・未踏IT人材発掘育成事業委員、「IT人材白書」委員。内閣府輝く女性事業調査検討委員等。著書に「人生は見切り発車でうまくいく」、「ワクワクすることだけ、やればいい!」等。
    Hiromi Okuda earned her Master of Social Work from University of Mumbai. In 1991 she launched a conference business specialized for the IT field,enabling a great number of IT-related private product showcasing events to come to Japan. As a mother, businesswoman, and entrepreneur, she has spent more than ten years advising, mentoring and consulting entrepreneurs. As a member of a committee member for the white paper on IT human resources, she helps support an innovative young generation in confronting challenges.
  • 小林	弘人

    小林 弘人HIROTO KOBAYASHI

    株式会社インフォバーン
    代表取締役ファウンダー CVO
    CVO/Founder, INFOBAHN Inc.

    起業家、大学教授、著述家。1994年、「WIRED JAPAN」を創刊、編集長を務める。「GIZMODO JAPAN」ほか、紙・オンラインの両方で人気メディアを創刊。オウンドメディア・マーケティングの草創期から企業を支援し、多くの企業運営サイトの立ち上げに関わる。 IT産業黎明期からのイノベーターたちとの交流を活かし、自治体と企業のオープン・イノベーション支援を早期より行う。2016年、ベルリン最大のテック・カンファレンス「TOA」の日本パートナーとなり、日本企業と欧州スタートアップ企業の交流を促進。現在、企業のブロックチェーン実装を支援する「Unchained」を立ち上げ、分散型Webの未来を探る。 監修・解説した『フリー』(NHK出版)は19万部のベストセラーとなる。自著に『ウェブとはすなわち現実世界の未来図である』(PHP新書)ほか
  • 冨田 格

    冨田 格ITARU TOMITA

    フリーランス
    ライター/編集者
    writer,editor, freelance

    ライター/編集者。 ゲイの毎日を”ちょっと”楽しくするカルチャーキュレーションサイト「Gapan」編集長。 ゲイ雑誌「月刊G-men」元編集長。
    writer,editor. Web director of The Japanese gay culture curation media"Gapan". Former editor in chief of Japanese gay magazine"G-men".
  • 平山 潤

    平山 潤JUN HIRAYAMA

    HEAPS.株式会社
    NEUT magazine(Be inspired!)編集長
    Editor in Chief of NEUT magazine(Be inspired!), HEAPS.Co.,Ltd

    1992年神奈川県相模原市生まれ。成蹊大学経済学部卒業後、HEAPS.株式会社に入社。同社が運営する「既存の価値観に縛られずに生きるための選択肢」を届けるメディア『NEUT magazine』の創刊編集長を務める。消費の仕方や働き方、ジェンダー・セクシュアリティ・人種などのアイデンティティのあり方など日々、世の中の「当たり前」に挑戦する人々から刺激をもらい、それを少しでも多くの人に届けられるよう活動中。
    Jun Hirayama is the Editor-in-chief of ""NEUT magazine"". Born in Kanagawa, Japan in 1992, he has a bachelor of ECON from Seikei University, Tokyo and after working for HEAPS.Co.,Ltd, as a writer / editor, he became the Editor in Chief of web magazine “NEUT magazine”. The magazine features creative solutions to problems in everyday society to make young people aware and interested in these issues.
  • 伊藤 かつら

    伊藤 かつらKATSURA ITO

    日本マイクロソフト株式会社
    執行役員 常務 デジタルトランスフォーメーション事業本部長
    Managing Executive Officer, Customer Success Unit, Microsoft Japan Co., Ltd.

    日本アイ・ビー・エム、アドビシステムズ等外資系ソフトウェア企業で、フィールドエンジニア、プロダクトマーケティング、ビジネスマネージメントなど様々な経験を積む。 2011年日本マイクロソフト株式会社入社。エンタープライズマーケティングを統括。その後、ディベロッパー エバンジェリズム統括本部に異動、2013年執行役員。クラウド、AI、ホロレンズといった新規テクノロジーを軸に、テクニカルエバンジェリズムを担当。2017年より現職。クラウドとAIによるデジタルトランスフォーメーションをお手伝いする法人向け技術チームを統括。
    Katsura Ito has 20 years plus experience in Enterprise IT/Software Industry in various roles such as Systems Engineer, Marketing and Business Management. In Microsoft, she is responsible to bring customer success through the full adoption of Microsoft’s cloud platform such as Azure, Microsoft 365, and Dynamics 365. Katsura enjoys playing flute, and she is internationally certified Japanese Sake sommelier.
  • 井上 一鷹

    井上 一鷹KAZUTAKA INOUE

    株式会社ジンズ
    JINS MEME事業統括リーダー
    JINS MEME Manager, JINS Inc.

    株式会社ジンズ JINS MEME事業部 事業統括リーダー 兼 Think Lab プロジェクト統括 大学卒業後、戦略コンサルティングファームのアーサー・D・リトルにて大手製造業を中心とした事業戦略、技術経営戦略、人事組織戦略の立案に従事後、ジンズに入社。MEME 事業部、Think Labプロジェクト兼任。算数オリンピックではアジア4位になった こともある。最近「集中力 パフォーマンスを300倍にする働き方」を執筆。
  • 中村 圭

    中村 圭KEI NAKAMURA

    株式会社インフォバーン
    プロデューサー・クリエイティブディレクター
    producer & Creative Director, INFOBAHN.Inc

    プロデューサー・クリエイティブディレクター。2007年インフォバーン入社。雑誌『MYLOHAS』にてデスク業務を担当。その後、ソリューション事業部へ異動し、美容、健康食品などを中心に、女性のライフスタイル提案を行う企業、およびブランドのブランディングサイトやオウンドメディア、プロモーション活動の支援を担当。2017年からは、女性に特化したマーケティング×クリエイティブチーム“WOMEN’S HEART LAB.”を立ち上げ活動中。
    Kei Nakamura is a producer and a creative director, who has many experiences in publishing and editorial. She joined Infobahn in 2007 and after working as an editorial staff at MYLOHAS, moved to B to C business solution department and supported a Japanese beauty company with branding promotion, and worked as a director to build owned media and branding web sites for lifestyle companies. She launched a marketing and creative team, WOMEN’S HEART LAB, specialized in women’s needs in 2017.
  • 若林	恵

    若林 恵KEI WAKABAYASHI

    黒鳥社
    編集者
    Editor, blkswn publishers

    1971年生まれ。編集者。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、平凡社入社、『月刊太陽』編集部所属。2000年にフリー編集者として独立。以後,雑誌,書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長就任、2017年退任。2018年、黒鳥社(blkswn publishers)設立。著書『さよなら未来』(岩波書店・2018年4月刊行)。
    Kei Wakabayashi spent his childhood in London and New York. After majoring in French Literature at Waseda University, he started his publishing career at Heibonsha and was in charge of ‘Taiyo’, the legendary Japanese cultural magazine.In 2000, he became a freelance editor and produced numerous publications from magazines, books, to exhibition catalogues in a broad range of fields. He was appointed Editor-in-Chief of Wired Japan in 2012, and left the publication in 2017. He is also a music journalist and is Founder of the publishing company, blkswn publishers.
  • 甲田	恵子

    甲田 恵子KEIKO KODA

    株式会社AsMama
    代表取締役社長
    President and CEO, AsMama Inc.,

    大阪生まれ。米国留学を経て関西外大卒業後、環境事業団にて役員秘書と国際協力室を併任。2000年ニフティ株式会社に転職し海外渉外担当に就任。在職時にビジネスモデル特許を多数発案。2005年4月に長女出産。復職後は上場・IR主担当を拝命。2007年にベンチャー投資会社ngi group株式会社に転職し、広報・IR室長に就任。会社都合で2009年に同社を退社し、同年11月株式会社AsMamaを創業し代表取締役社長に就任(現任)。2016年より(社)シェアリングエコノミー協会理事着任。メディア掲載・受賞歴多数。
    Keiko Koda is the Founder and CEO of AsMama Inc., an online and offline platform that provides childcare support among parents. AsMama allows busy parents to obtain information and assistance regarding childrearing while lessening their economic burden. Ms. Koda graduated from Kansai University of Foreign Studies after previously studying at Florida Atlantic University. Prior to her work with AsMama, Ms. Koda served as the Public Relations Senior Manager at a venture capital firm. Additionally, she gained seven years of experience at one of the leading internet service providers in Japan.
  • 小島 慶子

    小島 慶子KEIKO KOJIMA

    東京大学大学院情報学環客員研究員
    エッセイスト
    Writer, Visiting Researcher Interfaculty Initiative in Information Studies The University of Tokyo

    民間放送局にてアナウンサーとして15年間勤務。第36回ギャラクシー賞・DJパーソナリティ部門賞受賞。 2010年に独立後は、各メディア出演及び執筆活動を行っている。2014年より家族の拠点をオーストラリア・パースに移し、 自身は仕事のある日本と往復する生活。2017年より東京大学大学院情報学環客員研究員。林香里教授のもとで「メディア表現と多様性について抜本的に検討する会(MeDi)」メンバーとして活動している。
  • 浜田 敬子

    浜田 敬子KEIKO HAMADA

    Business Insider Japan
    統括編集長
    Editor in Chief, Business Insider Japan

    1989年朝日新聞社入社。前橋・仙台支局、週刊朝日編集部などを経て99年からAERA編集部。女性の働き方雇用問題、国際ニュースを中心に取材。副編集長、編集長代理を経て2014年から編集長。ネット媒体とのコラボや外部プロデューサーによる1号限りの「特別編集長号」など新企画を連発。16年5月から朝日新聞社総合プロデュース室プロデューサーとして新規プロジェクトの開発などに取り組む。「働くと子育てを考えるWORKO!」「Change Working Style」などのプロジェクトを立ち上げる。テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」の水曜コメンテーターなども務める。
    Beginning her career in 1989 at the prestigious newspaper company, the Asahi Shimbun Co., Keiko was transferred to the weekly magazine AERA in 1999 after experiencing branch offices at Maebashi, Sendai and the Weekly Asahi. As a journalist, she has specialized in covering world news and the issues seen of the modern female career and lifestyle. Keiko has been at site for both 9.11 and the Iraq War. Becoming the deputy editor in 2004, deputy editor in chief, Keiko became AERA’s first female editor in chief. During her term as editor in chief at AERA, she has innovated the classic magazine, collaborating with online media and inviting outside editors to produce special articles. From May 2016 to March 2017, she has also produced projects “On Career x Childrearing,” “WORKO ! ” and symposiums such as “Career Paths” as producer at the Comprehensive Producing Office at the Asahi Shimbun Co. Starting April 2017 Keiko is now the Japanese supervising editor in chief of an online business news media that spans over 14 countries worldwide. She will be continuing commentary at TV programs “Shinichi Hatori Morning Show” and “the Sunday Morning” and lectures on topics including but not limited to diversity and labor reform.
  • 徳永	啓太

    徳永 啓太KEITA TOKUNAGA

    フリーランス
    ジャーナリスト
    journalist, free-lance

    フリーランスジャーナリスト。日本のファッションブランドのレポートと多様性をキーワードに様々な価値観を持ち人生を歩んできた方を車椅子という独自の切り口で取材・またファッションとマイノリティな身体を持つ方をモデルとしたフリーペーパーを企画提案。
  • 山井	梨沙

    山井 梨沙LISA YAMAI

    株式会社スノーピーク
    取締役 執行役員 企画開発本部長
    Director / Designer, Snow Peak, Inc.

    創立者の祖父・幸雄、現代表取締役の父・太から代々続く「スノーピーク」の3世代目。幼いころからキャンプや釣りなどのアウトドアに触れて育つ。2014年の秋冬にアパレル事業を立ち上げ、スノーピークが培ってきた“ないものはつくるDNA“を受け継いだものづくりを次世代のフィルターを通し発信。現在はプロダクト全般の統括のほか、「LOCAL WEAR」プロジェクトなど、新たな試みも率先して牽引している。
    Snow Peak's journey began in 1958, when our founder Yukio Yamai, an accomplished mountaineer, created his own line of superior climbing gear out of the discontent for the current gear on the market. In 2014, Yukio's granddaughter, Lisa Yamai, joined Snow Peak to lead the design and development of our first ever apparel line with the outlook on creating functional and stylish clothing which intersects both urban use and outdoor life. Currently, she is the director / designer of Snow Peak and takes the lead in the new project.
  • 滝川 麻衣子

    滝川 麻衣子MAIKO TAKIGAWA

    Business Insider Japan
    記者・編集者
    writer/editor, Business Insider Japan

    大学卒業後、産経新聞社入社。広島支局、大阪本社を経て2006年から東京本社経済記者。ファッション、流行、金融、製造業、省庁、働き方の変革など経済ニュースを幅広く取材。 2017年4月からBusiness Insider Japanで働き方や生き方をテーマに取材。
    Writer/editor of Buiness Insider Japan.Afetr graduating from University,I have worked as a stuff writer of Sankei News Paper.I have forcused on the changr of workingstyle,generation gap, trend, and gender.
  • 橋本	真里子

    橋本 真里子MARIKO HASHIMOTO

    ディライテッド株式会社
    代表取締役CEO
    CEO, Delighted.inc

    武蔵野女子大学(現・武蔵野大学)英語英米文学科卒業。 2005年より、トランスコスモスにて受付のキャリアをスタート。 その後USEN、ミクシィやGMOインターネットなど、上場企業5社の受付に従事。 受付嬢として11年、のべ120万人以上の接客を担当。 11年という企業受付の現場の経験を生かし、もっと幅広い受付の効率化を目指し、16年1月にディライテッドを設立。 17年1月に、クラウド型受付システム「RECEPTIONIST」をリリース。
    Mariko Hashimoto, founded her own company, Delighted Inc. in January 2016.receptionist at five major companies, including GMO and Mixi. Throughout her 11-year career as a receptionist, she estimates that she assisted more than 1.2 million people. For utilizing her extensive experience to offer more effective reception services in a wide range of areas, in January 2017, the company released a cloud-based receptionist system called RECEPTIONIST – the first of its kind in Japan.
  • 西村 真里子

    西村 真里子MARIKO NISHIMURA

    株式会社HEART CATCH
    代表取締役、プロデューサー
    CEO, Producer, HEART CATCH Inc.

    国際基督教大学(ICU)卒。2014年株式会社HEART CATCH設立。 テクノロジー×クリエイティブ×マーケティングを強みにプロデュース業や執筆活動を行う。 日本テレビ「SENSORS.jp」編集長(2015-2018春)。Collective Impact Studio「Mistletoe」(代表 孫泰蔵)コミッター / J-Startupサポーター / Art Thinking Collective Japan 主宰
    Founder of HEART CATCH Inc. in 2014. She produces projects using Technology × Creative × Marketing strength. NTV 'SENSORS.jp editor-in-chief (2015-2018 Spring). Collective Impact Studio 'Mistletoe' Committer / J-Startup supporter / Art Thinking Collective Japan Leader.
  • 高濱	正伸

    高濱 正伸MASANOBU TAKAHAMA

    株式会社こうゆう 花まる学習会
    花まる学習会 代表
    CEO, Hanamaru Group

    花まる学習会代表 東京大学農学部卒、同大学院農学系研究科修士課程修了。 1993年、「この国は自立できない大人を量産している」という問題意識から、「メシが食える大人に育てる」という理念のもと、「作文」「読書」「思考力」「野外体験」を主軸にすえた学習塾「花まる学習会」を設立。23年目で会員数は20000人を超す。 ・NPO法人子育て応援隊むぎぐみ理事長 ・算数オリンピック委員会理事/2018年7月より、日本棋院理事
    CEO,Hanamaru Group

    Masanobu Takahama earned a bachelor's degree in Agriculture from the University of Tokyo, a Master's Degree in Agriculture from the University of Tokyo.
    Masanobu Takahama established Hanamaru Group in 1993, since he had been fully aware of the issue that Japan was mass producing adults who cannot support themselves.

    Hanamaru Group aims to foster children who can make their own way in life.

    ・Board Memberships NPO Mugigumi
    ・Other Memberships
    Mathematical Olympic Committee
    The Nihon Ki-in
  • 松本	勝

    松本 勝MASARU MATSUMOTO

    VISITS Technologies株式会社
    代表取締役
    CEO / Founder, VISITS Technologies Inc.

    東京大学大学院修了後、ゴールドマンサックス入社。金利オプショントレーディングの責任者を経て、2010年人工知能を用いた投資ファンド設立。2014年には、VISITS Technologies設立し、人のアイデア創造力、目利き力、アイデアの価値を独自の合意形成アルゴリズムにより定量化する特許技術「ideagram」を開発。世界中の社会課題とそのソリューションの可視化を、独自のマイニング技術とブロックチェーンによりリアルタイムに実現する研究を行っている。元文部科学省委員、早稲田大学講師。
    After graduating from the University of Tokyo, Masaru joined Goldman Sachs where he lead the Interest rate option trading division. He later started his own investment fund using artificial intelligence. In 2014, he founded VISITS Technologies offering various products using the patented technology “ideagram”. Former Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, lecturer at Waseda University.
  • 荻野 みどり

    荻野 みどりMIDORI OGINO

    株式会社ブラウンシュガー1ST
    代表取締役社長
    President, BROWN SUGAR 1ST.CO.,LTD.

    2011年第一児出産後、「わが子に食べさせたかどうか?」を基準に食材を厳選するお菓子ブランド「BROWN SUGAR 1ST.」を立ち上げる。東京・青山の国連大学前のファーマーズマーケットにてお菓子を製造・販売する中で、原材料としての油脂選びの大切さに気づき、ココナッツオイルに出合う。日本のココナッツオイルブームをけん引。現在、ココナッツオイルをはじめとした、有機食品を全国の百貨店、スーパーにて取扱い中。また、現在母乳をテクノロジーでアップデートする、BONYU事業をスタートしている。
    She established an organic products brand, “BROWN SUGAR 1ST.” at 2011, after she gave birth to her first child. It selects food ingredients strictly based on a criteria, “Will I Let My Children Eat Them or Not”. She creates a "coconut oil boom" in Japan. BROWN SUGAR 1ST.’s products are able to be buy all places in Japan including coconut oil and their organic food products.
  • 宋 美玄

    宋 美玄MIHYON SONG

    丸の内の森レディースクリニック
    院長
    Dr, Marunouchi no Mori Ladies Clinic

    産婦人科医師 医学博士 1976年兵庫県生まれ 2001年大阪大学医学部卒業 周産期医療と性科学が専門 メディアでの情報発信も積極的に行っている
    1976 Born in Kobe. MD, Ph.D OB/GYN
  • 伊藤 美希子

    伊藤 美希子MIKIKO ITO

    株式会社ベストインクラスプロデューサーズ マーケティングプロデューサー
    一般社団法人邑サポート 理事
    Marketing Producer, Best In Class Producers Inc.
    Director, U-support

    2005年総合広告代理店入社。プランニング部、デジタルマーケティング部に所属。 2012年(株)ツナグ入社、2016年より株式会社ベストインクラスプロデューサーズ(BICP)に入社し、マーケティングプロデューサー/プランナーとしてクライアントのマーケティング戦略・活動の支援をおこなっている。 2011年から岩手県住田町に仮設住宅のコミュニティ支援でボランティアに入り、2014年に一般社団法人邑(ゆう)サポートの理事に就任。 現在は、東京でBICPの仕事をしつつ、邑サポートの理事として毎月岩手に通う生活を続けている。
  • 山中	ファンキー 直子

    山中 ファンキー 直子NAOKO FUNKY YAMANAKA

    株式会社 CAMPFIRE
    コミュニティマネージャー , セールス&プロモーション
    Community Manager and Sales&Promotion., CAMPFIRE inc

    日本最大級のクラウドファンディングCAMPFIRE・コミュニティマネージャー兼法人担当。 挑戦者のコミュニティづくりと、法人の資金調達とPR活用を推進する。渋谷をつなげる30人メンバー。 東京生まれ。大学卒業後海外を放浪、帰国後アート×ファッションを横断するクリエイターメディアに参画。WEBデザイン・店舗企画・ムック本編集・SNS動画制作などコンテンツを生かしたコミュニティづくりを行う。2016年から現職。社外活動ではGIRL'S MeeTALKを主宰し、女性起業家・クリエイターのプロジェクト実現を後押しする。
    Born in Tokyo. After graduating from University, Naoko joined a Creator Media Project as an editor and web designer. She started GIRL’S MeeTALK in 2014. It is community for women on the way to challenge and pursue their curiosity. Join CAMPFIRE inc as a Community manager and Sales&Promotion inc 2016. CAMPFIRE is Japan’s largest crowdfunding platform where everyone can start their own projects. They keep lighting small fire in our hearts to have own voice. Naoko is making challengers community and in charge of Sales&Promoting enterprise Crowdfunding.
  • 鈴木 南十星

    鈴木 南十星NATOSE SUZUKI

    性性堂堂
    ユーチューバー
    YouTuber, SEISEIDOUDOU

    レズビアン。2011年よりNPO法人SHIPの講演会でスピーカーを務め、教職員向けや自治体・企業でのLGBT研修で当事者として啓発活動を開始。2014年に中央大学で多様な性について考えるサークル「mimosa」を設立。2017年にはアセクシュアル、ノンバイナリー、ゲイ、MtFのメンバーと立ち上げた動画配信グループ「性性堂堂」でYouTuber活動を開始。動画制作の傍ら、現在はFtM芸人万次郎とのお笑いコンビ「SAW&LAW」を結成し日々ネタ作りに打ち込んでいる。
  • 仁香

    仁香NIKA

    モデルModel

    18歳で小学館「CanCam」専属モデルとしてデビューし、 6年間人気カリスマモデルとして活躍。その後、急激な体重増加によりモデル活動を中止。 3年間に及ぶさまざまなダイエットから見事13キロの減量に成功。 現在、小学4年生の息子を持つ一児の母。 2018年10月フォトグラファーの柴田翔平さんと再婚 ウォーキングアドバイザー・姿勢アドバイザーの資格をもち、女性向け講座を開くなど、活躍の場を広げている。 今では仁香メソッドを取り入れた「スリムメソッドパンプス」を通販にて発売している。
    Japan Model
  • 内間 らうざ

    内間 らうざROSA UCHIMA

    マジョメディスン
    クリエイティブディレクター
    Creative Director, Majo Medicine

    英国大学にてプロダクトデザインと機械工学を専攻。Panasonic Design Center Europeを経て、TBWA\HAKUHODOのイノベーションチーム「QUANTUM」の立ち上げに参画。その後、Google のクリエイティブチームにて、様々なイノベーション開発に従事。現在、ミュージシャンの姉と立ち上げたオーガニック・ヴィーガンスキンケアブランド「Majo Medicine」の Creative Director を務める。テックが持ちえない人間らしら及びウェルビーイングに情熱を持ち、活動中。
    Rosa is the Creative Director for the natural and organic vegan skincare brand “Majo Medicine” which she has started with her professional musician sister Clare Uchima. Rosa graduated from the University of Glasgow and Glasgow School of Art with an M.Eng in Product Design Engineering. She has previously worked for Panasonic Design Center Europe, TBWA/HAKUHODO, Quantum Inc. and Google’s creative team called ZOO. Rosa is a passionate advocate for ethical and sustainable businesses and believes in the magic of human beings and their natural potential.
  • 星加 良司

    星加 良司RYOJI HOSHIKA

    東京大学
    准教授
    Associate Professor, University of Tokyo

    東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(社会学)。 近年の主な研究テーマは、障害の社会モデルに基づく社会理論、障害者のシティズンシップと社会的位置、障害平等施策としての合理的配慮、社会的包摂のためのバリアフリー教育等。
    Ph.D in Sociology, University of Tokyo. Current research themes are Social models of disability, Citizenship of persons with disabilities, Disability equality and reasonable accommodation, Barrier-free education for inclusive society, and so on.
  • 竹下 隆一郎

    竹下 隆一郎RYUICHIRO TAKESHITA

    ザ・ハフィントン・ポスト・ジャパン株式会社
    編集長
    Editor-in-Chief, The Huffington Post Japan,Ltd.

    ハフポスト日本版 編集長 2002年朝日新聞社入社。経済部記者や新規事業開発を担う「メディアラボ員」を経て、2014年~スタンフォード大学客員研究員。2016年5月から現職。「会話が生まれる」メディアをめざす。 2017年、創刊5年目で初の黒字化。2018年に月間約2200UU達成。日本社会の時間の使い方を問い直す「 #アタラシイ時間」や、1時間のネット生番組「NewsX」の一部として「ハフトーク」を開始。「書き言葉」での情報発信に加え、動画配信やイベントを通した「生の会話」という情報の伝え方にチャレンジ。
    Ryan is a Editor-in-Chief at The Huffington Post Japan. He has been a passionate editor searching for new form of broadcasting. His research varies from business model development to Facebook usage for on-time report. He was a Visiting Fellow at Stanford between 2014 and 2015. Prior to joining the visiting fellow program, Ryan had worked as a news reporter for The Asahi Shimbun.
  • 南里 彩子

    南里 彩子SAIKO NANRI

    三菱UFJフィナンシャルグループ
    執行役員 コーポレート・コミュニケーション部長
    Executive Officer Managing Director of Corporate Communications Division, Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc.

    1992年 4月株式会社三菱銀行入行(現三菱UFJ銀行) 六本木支店 2011年 1月広報部行内広報グループ 次長 2013年12月新宿新都心支社 副支社長 2014年 4月成城支社長 2017年 1月人事部部長 2017年 5月コーポレート・コミュニケーション部長 2018年 6月執行役員コーポレート・コミュニケーション部長 (持株会社) 2017年 5月コーポレート・コミュニケーション部長 2018年 6月執行役員 コーポレート・コミュニケーション部長
    Commercial Bank MUFG Bank, Ltd., June 2018:Executive Officer, Managng Director of Corporate Communications Division May 2017: Managng Director of Corporate Communications Division January 2017:Managing Director of Human Resources Division April 2014:General Manager of Seijo Commercial Banking Office December 2013:Deputy General Manager of Shinjuku-Shintoshin Commercial Banking Office January 2011:Managing Director of Public Relations Division for internal communications April 1992:Joined The Mitsubishi Bank, Roppongi Branch Professional Career: Holding Company Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc., June 2018:Executive Officer, Managing Director of Corporate Communications Division May 2017: Managng Director of Corporate Communications Division
  • 平河	聡

    平河 聡SATOSHI HIRAKAWA

    ポーラ化成工業株式会社 フロンティア研究所
    プリンシパルインベスティゲーター
    Frontier Research Center Principal Investigator, POLA CHEMICAL INDUSTRIES, INC.

    アンチエイジングケアの化粧品/医薬部外品/機能性食品の数多くの研究開発・製品開発に従事する抗老化のスペシャリスト、医学博士(皮膚科学分野)
    Anti-aging specialist engaged in numerous research and development, product development of anti-aging care cosmetics, quasi-drugs and functional foods. Doctor of Medicine (Dermatology).
  • 小林 さやか

    小林 さやかSAYAKA KOBAYASHI

    合同会社icka
    代表社員
    CEO, icka LLC

    『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴・著)の主人公=ビリギャル。1988年3月生まれ、名古屋市出身東京都在住。高2の夏に小学4年レベル、偏差値30の学力しかなく、教師に「人間のクズ」と呼ばれたことも。その後、1年で偏差値を40上げ、複数の難関大学、慶應義塾大学に現役で合格。卒業後はウエディングプランナーとして活躍。現在は全国への講演活動やイベントの企画運営をしながら、教育を現場で学ぶため札幌新陽高校でのインターン経験を持つなど、幅広く活動中。
    The main character of a best-selling short novel and hit movie in 2015, about entrance examinations was based off of the life of Sayaka. She was born in March of 1988, in Aichi prefecture, and currently resides in Tokyo. After graduating from university, she became a wedding planner, and is now working as a motivational speaker across Japan, as well as completed an internship at Sapporo Shinyo High School.
  • 仲山	進也

    仲山 進也SHINYA NAKAYAMA

    楽天株式会社
    楽天大学学長
    Principal of Rakuten University, Rakuten,Inc.

    シャープを経て、1999年に社員約20名の楽天へ移籍。2000年に「楽天大学」を設立、商売系・チームビルディング系を中心に楽天市場出店者45,000社の成長パートナーとして活動中。2004年「ヴィッセル神戸」の経営に参画。2007年に楽天で唯一のフェロー風正社員(兼業自由・勤怠自由の正社員)となり、2008年には仲山考材株式会社を設立、Eコマースの実践コミュニティを主宰している。2016年「横浜F・マリノス」とプロ契約、「コーチのコーチ」やジュニアユースの育成を手がける。著書『組織にいながら、自由に働く。』ほか
  • 村上	臣

    村上 臣SHIN MURAKAMI

    リンクトイン・ジャパン株式会社
    日本代表
    Country Manager and Head of Product- Japan, LinkedIn Japan Ltd.

    大学在学中に仲間とともに有限会社「電脳隊」を設立。その後統合したピー・アイ・エムとヤフーの合併に伴い、2000年8月にヤフーに入社。一度退職した後、2012年4月からヤフーの執行役員兼CMOとして、モバイル事業の企画戦略を担当。2017年11月にLinkedInの日本代表に就任。複数のスタートアップの戦略・技術顧問を務めている。
    Shin Murakami joined LinkedIn in November 2017, and leads the company’s mission in Japan. Shin is an industry veteran with more than 20 years of experience in the mobile space. He started his first company Dennotai, one of earliest mobile companies in Japan. After the company was acquired by Yahoo! Japan, he first led Yahoo! Japan’s mobile initiatives, and subsequently served as its EVP, Chief Mobile Officer in April 2012. In his most recent role at Yahoo! Japan, he led strategy development for both Yahoo! JAPAN’s mobile business and Y!mobile.
  • 水谷 伸吉

    水谷 伸吉SHINKICHI MIZUTANI

    一般社団法人more trees
    事務局長
    Exective Director, More Trees

    1978年東京生まれ。 慶応義塾大学経済学部を卒業後、2000年より㈱クボタで環境プラント部門に従事。 2003年よりインドネシアでの植林団体に移り、熱帯雨林の再生に取り組む。 2007年に坂本龍一氏の呼びかけによる森林保全団体「more trees」の立ち上げに伴い、活動に参画し事務局長に就任。日本の森づくりをベースとした国産材プロダクトのプロデュースのほか、熱帯雨林の再生活動、カーボンオフセット、ツーリズム、被災地支援も手掛ける。
    1978 Born in Tokyo,Japan
    2000 Graduated from Keio University
    Kubota corporation
    2003 Project manager of reforestation in Indonesia
    2007 Executive director of More Trees
  • 武井 史織

    武井 史織SHIORI TAKEI

    アドビ
    コミュニティーマネジャー
    Community Manager, Adobe Inc.

    アドビのクリエイティブ製品Creative Cloudのコミュニティマネジャー。世界100都市以上で開催する延べ30,000人のクリエイターが参加するコミュニティーイベント『Adobe Creative Jams』のアジア開催を主宰。また、「デザインの力」と「地域活性」や「教育」を掛け合わせた課題解決型プログラム『Adobe Design Jimoto』を立ち上げ、各地域のクリエイティブコミュニティーや地方自治体と連携し、産業を横断したさまざまな場づくりを手がける。
  • 小国	士朗

    小国 士朗SHIRO OGUNI

    フリーランス
    プロデューサー
    producer,freelance

    2003年NHK入局。「クローズアップ現代」「プロフェッショナル 仕事の流儀」などを制作。2013年に社外研修制度を利用し電通PR局で勤務。その後、NHKコンテンツのプロモーションやデジタル施策を企画立案する部署で、ディレクターなのに番組を作らない“一人広告代理店”的な働き方を始める。主な企画に、150万ダウンロードを突破した「プロフェッショナル 私の流儀」アプリや認知症の人がホールスタッフをつとめる「注文をまちがえる料理店」など。2018年7月にNHKを退局し、フリーランスのプロデューサーとして活動。
  • 植山 周志

    植山 周志SHOE-G UEYAMA

    Head of International, Dropbox Inc

    Dropbox にてオンラインでのビジネスの成長に従事。2018年から日本から非英語圏を成長することチャレンジ中。 2009年よりビジネスマンに向けたExcelの使い方、数字思考力などのレクチャーを実施。2011年にグロービス経営大学院を卒業し、MBAを取得。1994年からの12年間で、BMX(自転車競技)の国内外の大会にて45回の優勝経験を持つ。 著書 「あるある」で学ぶ忙しい人のためのExcel仕事術 (できるビジネス)(インプレス) 数字思考力×EXCELでマーケティングの成果を上げる本(翔泳社)
    In charge of International Growth at Dropbox. Besides work have taught Excel and critical thinking. Graduate at Globis MBA at 2011. Had won 45 BMX contents inside and outside of Japan from 1994 for 12 years. Wrote 2 Books about EXCEL and Marketing.
  • 田口	周平

    田口 周平SHUHEI TAGUCHI

    ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループ
    HRスペシャリスト、 Open&Out Japan代表
    HR Specialist, Open&Out Japan Lead, Johnson & Johnson Family of Companies in Japan

    サービス業から外資のゲーム会社、精密機器メーカーを経て、ニューヨークへ留学。インターナショナルスクールで国際関係学を学び、ニューヨーク市役所で人事のインターン後2011年に帰国。同年ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカル カンパニー人事部に入社。 2015年ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループの有志のLGBTとアライで構成された社員団体Open&Out Japan を立ち上げ、同団体代表に就任。 2018年名古屋商科大学大学院マネジメント研究科修了、経営学修士(MBA)。
    After his study at international school and internship in HR at New York City Government, Shuhei joined Johnson & Johnson K.K. Medical Company in 2011 as a HR Specialist. In 2015, Shuhei founded Employee Resource Group for LGBT, Open&Out Japan, and take the lead onward. Shuhei has an MBA under the Business Innovation Program from NUCB Business School.
  • 西田	修一

    西田 修一SHUICHI NISHIDA

    ヤフー株式会社
    執行役員
    Corporate Officer, Yahoo Japan Corporation

    2004年、ヤフーに入社。
    2006年から「Yahoo! JAPAN」トップページの責任者を務める。
    2013年に検索部門へ異動。東日本大震災の復興支援キャンペーン「Search for 3.11 検索は応援になる。」や検索で一年を振り返るイベント「検索大賞」を立ち上げる。
    2015年4月に検索事業本部長及びユニットマネージャーに就任。
    2017年4月より、執行役員コーポレートグループ SR推進統括本部長。
    2004  Joined Yahoo Japan Corporation
    2006  Became responsible for the Top Page of “Yahoo! JAPAN” website
    2013  Transferred to Search Division. Launched a recovery support campaign
    for Great East Japan Earthquake, “Search for 3.11: Searching is Supporting”, and an event to look back on the past year through searched words, “Search Award”
    Apr. 2015  Appointed Vice President of Search Business Division and Vice President of Search Media Unit
    Apr. 2017  Appointed Corporate Officer, EVP, President of Social Responsibility Promotion Group, Corporate Group
  • 廣田 周作

    廣田 周作SHUSAKU HIROTA

    株式会社ヘンジ
    ディレクター
    Director, Henge Inc.

    1980年生まれ。放送局、広告会社勤務をへて、新規事業や、ブランド開発を専業に行うHenge Inc.を2018年8月に設立。英国Londonに拠点を置くイノベーション・リサーチ企業Stylus Media Groupや、米国NYに拠点を置くThe Currentと提携し、様々な企業のブランド開発やイノベーション・プロジェクトに多数参画。著書に『SHARED VISION』(宣伝会議)など。
    Shusaku Hirota has been in the trenches of lots of Innovation Projects in Japan and heard all the war stories from the front; now you can benefit from his experience to learn the keys to victory in designing brand strategy for today's fast-changing enviroment.
  • 坂根 シルック

    坂根 シルックSIRKKU SAKANE

    国立大学法人 東京農工大学
    特任准教授
    Associate Professor, Tokyo University of Agriculture and Technology

    フィンランド、ヘルシンキ生まれ。3歳のときに初来日、幼少期を大分市で過ごす。小学校卒業後フィンランドに帰国するも、1985年に再来日。20年に渡り複数の在日フィンランド系企業やフィンランド政府機関に勤務。その後フィンランド語通訳翻訳家並びに語学講師として活動。 2012年から国立大学法人東京農工大学のリーディング大学院で特任教員としてグローバル人材育成に携わりながら、自治体や企業においてフィンランド流教育・子育て・働き方・WLM・ライフスタイル・男女平等社会・多様性などをテーマに講演活動を行う。1男1女の母親。
    Born in Helsinki, Finland. Came to Japan at 3 years old and grew up in Oita, Kyushu. Returned to Finland after elementary school. Came back to Japan in 1985, after which worked for several Finnish companies and governmental organizations for 20 years. Having worked for a freelance interpreter/translator for few years joined Leading Graduate School of Tokyo University of Agriculture and Technology for global education. Giving lectures also for municipalities, private companies and educational organizations about Finnish ways of education, parenting, working, work-life-balance, lifestyle, gender equality, diversity. Have 2 children.
  • 横石 崇

    横石 崇 TAKASHI YOKOISHI

    &Co.,Ltd.代表取締役
    Tokyo Work Design Weekオーガナイザー
    Organizer of Tokyo Work Design Week, Tokyo Work Design Week / &Co.

    多摩美術大学卒。テレビ局・雑誌社・ポータルサイトをはじめとするメディアサービス開発を手がけるほか、企業の組織開発や人材育成など、さまざまな場の編集に携わる。「六本木未来大学」アフタークラス講師を務めるなど、のべ500以上の講演やセミナーを実施。国内最大規模の働き方の祭典「Tokyo Work Design Week」代表。鎌倉にオープンしたコレクティブオフィス「北条SANCI」のプロデュースおよび支配人。編著に「これからの僕らの働き方 〜次世代のスタンダードを創る10人に聞く〜」(早川書房)がある。
    Graduated from Tama Art University. Has been involved in media service development for television stations, magazine publishers, portal sites, etc., and is engaged in organization and human resources development of enterprises as an editor. Is an after-class lecturer at ”Tokyo Midtown Management“ and has given over 500 lectures and seminars. Representative at ”Tokyo Work Design Week,“ one of the largest workstyle festivals in Japan. Producer and manager of ”HOJO SANCI,“ a collective office that opened in Kamakura. Bibliography includes ”How We Will Work ~Dialogue with the Ten that will Create Next Generation Standards~“ (Hayakawashobo).
  • 湯川	高康

    湯川 高康TAKAYASU YUKAWA

    ヤフー株式会社
    執行役員(ピープル・デベロップメント統括本部長)
    Corporate Officer(EVP, President of People Development Group), Yahoo Japan Corporation

    2003年5月、ヤフー株式会社入社。採用、労務、給与厚生リーダーを担当。2012年、経営体制変更時にヤフーバリューを軸とした評価と報酬制度を導入。2014年4月よりピープル・デベロップメント戦略本部長として、人事とオフィス部門を管掌。2016年、本社移転に伴い、働き方改革を推進。2018年4月より現職。オフィスや健康管理を含む人事全般を統括。
    Joined Yahoo Japan Corporation in May 2003. Appointed leader in recruitment, labor management, and salary and benefits. Under the change in the management structure in 2012, introduced an evaluation system based on Yahoo! Values and a new remuneration system. Appointed Vice President of People Development Strategy Division in April 2014 and was in charge of personnel and office management. Along with the head office relocation in 2016, promoted work-style reforms. Assumed present office in April 2018. Supervises personnel in general, including office and health management.
  • 伊藤 羊一

    伊藤 羊一YOUICHI ITOU

    ヤフー株式会社 Yahoo!アカデミア 学長
    株式会社ウェイウェイ 代表取締役
    Yahoo! Academia President, Yahoo Japan Corporation
    CEO, wayway Inc.

    日本興業銀行、プラスを経て2015年4月ヤフーへ。 企業内大学Yahoo!アカデミアの学長としてヤフーの次世代リーダー育成を行う。 グロービス客員教授、株式会社ウェイウエイ代表として、ヤフー以外でも活動。
  • 星野 佳路

    星野 佳路YOSHIHARU HOSHINO

    星野リゾート
    代表
    CEO, Hoshino Resorts

    1960年、長野県軽井沢町生まれ。1983年、慶應義塾大学卒業。1986年、米国コーネル大学ホテル経営大学院にて修士号を取得後、1991年、星野温泉旅館 (現星野リゾート)4代目社長に就任。所有と運営を一体とする日本の観光産業において、いち早く運営特化戦略をとり、運営サービスを提供するビジネスモデルへ転換。 現在の運営施設は「星のや」「界」「リゾナーレ「OMO」の4ブランドを中心に、国内外37カ所に及ぶ。2013年、観光に特化した不動産投資信託、星野リゾート・リートを立ち上げ、東京証券取引所に上場させた。
    Yoshiharu Hoshino is the fourth-generation leader of Hoshino Resorts who became CEO in 1991 after completing a Masters of Management in Hospitality at Cornell University in 1986. Developing innovative business strategies, he grew Hoshino Resorts into the highly influential property management business it is today, with 37 properties operating under 4 unique brands—HOSHINOYA, KAI, RISONARE, and OMO. In 2013, he also established Hoshino Resorts REIT, the first of its kind in Japan, to support investment in the tourism industry, what Hoshino believes will become “the world’s most important peacekeeping industry”.
  • 石川 善樹

    石川 善樹YOSHIKI ISHIKAWA

    予防医学研究者
    博士(医学)

    1981年、広島県生まれ。東京大学医学部健康科学科卒業、ハーバード大学公衆衛生大学院修了後、自治医科大学で博士(医学)取得。(株)Campus for H共同創業者。「人がよりよく生きるとは何か(Well-being)」をテーマとして、企業や大学と学際的研究を行う。専門分野は、予防医学、行動科学、計算創造学など。@ishikun3
    Yoshiki earned a bachelor’s degree in Health Science from the University of Tokyo, a Master of Science in Health Policy and Management from Harvard School of Public Health, and a PhD in Medicine from Jichi Medical School. With the aim of advancing the well-being of humanity through a mathematical and computational approach, Yoshiki is developing a prototype of computational system, which can help people / organization / society learn, grow, and achieve optimal state of well-being.
  • 横井 良典

    横井 良典YOSHINORI YOKOI

    株式会社メルカリMercari

    2016年6月より株式会社メルカリにて労務を担当。急成長する企業における労務管理の課題を現場にて解決、働きがいのある職場づくりに取り組む。 また、「労務担当者の変革」を掲げ、企業内の立場、社会保険労務士としての立場から労務担当者の支援を行っている。
  • 生垣	侑依

    生垣 侑依YUI IKEGAKI

    Slack Japan 株式会社
    マネージャー, Business Growth Japan
    Manager, Business Growth Japan, Slack Japan K.K.

    米国カンザス州立大学を卒業後、株式会社リクルートへ入社。営業、新規事業開発の経験を経て、2014年にLinkedInの日本で1番目のSMBセールスとして立ち上げを経験。その後、日本と東南アジアのエンタープライズセールス、マーケティング、新規営業チームリードを経て、2018年にSlackの営業マネージャーに着任。良いサービスを日本で広げることがやりがい。
    Manager for Business Growth Japan at Slack. My passion and personal mission is to transform Japan by expanding good service/product. Graduated Kansas State University in U.S. and joined Recruit as sales and business development. Then joined LinkedIn in 2014 as first SMB sales manager and experienced marketing, new business team lead in Japan and South East Asia. In 2018, joined Slack as manager in sales team and enjoy expanding slack business in Japan to transform how Japanese professional works.
  • 島田 由香

    島田 由香YUKA SHIMADA

    ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス株式会社
    取締役 人事総務本部長
    Director, Unilever Japan Holdings K.K

    慶応義塾大学卒業後、株式会社パソナを経て、2002年米国ニューヨーク州コロンビア大学大学院卒業。組織心理学修士号取得。 その後、日本GE(ゼネラル・エレクトリック)にて人事マネジャーを経験し、現職。 R&D、マーケティング、営業部門のHRビジネスパートナー、リーダーシップ開発マネジャー、 HRダイレクターを経て現在に至る。米国NLP協会マスタープラクティショナー、マインドフルネスNLP-Rトレーナー。日本の人事部HRアワード2016 個人の部・最優秀賞受賞。
    Joined Unilever in 2008 as HR Manager, became HR Director in 2012, assuming current role since 2013. Prior to Unilever, joined Pasona Inc after graduated from Keio University, then obtained M.A in Organizational Psychology from Columbia University Graduate School in NY. Worked at General Electric from 2002 to 2008 where experienced HR Leadership Program, HRBP, LD, and HR Service. Married with 12-year-old son. Certified NLP master practitioner, Mindfulness NLP-R Trainer.
  • 高橋 ゆき

    高橋 ゆきYUKI TAKAHASHI

    株式会社ベアーズ
    取締役副社長
    Executive Vice President, Bears company Limited

    家事代行サービスのパイオニアであり、リーディングカンパニーである、株式会社ベアーズの取締役副社長。同社が創業以来、日本社会へ提唱している「利用者への新しい暮らし方」「従事者としての日本の新しい雇用創造」には、高橋ゆき自身の原体験が大きく影響している。社内では主にブランディング、マーケティング、新サービス開発、人財育成担当。 経営者として、各種ビジネスコンテストの審査員や、ビジネススクールのコメンテーターを務めるほか、家事研究家、日本の暮らし方研究家としても、テレビ・雑誌などで幅広働く活躍中。
    Bears Co., Ltd Executive vice-president is a pioneer in housekeeping services in Japan.Bears is advocate to Japanese society that "The New Life Style for clients" & "New job creation in Japan as workers" since its founding.Yuki's the original experience has a big influence on the origin of the company.she is mainly in charge of branding, marketing, and development of human resources.As a manager, she is very active at the forefront of her work such as Judges of various business contests, Business School Commentator, Housework researcher, Japanese life style researcher etc.
  • 山口 有希子

    山口 有希子YUKIKO YAMAGUCHI

    パナソニック株式会社
    常務
    Managing Officer, Panasonic

    パナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社常務・エンタープライズマーケティング本部 本部長。同社のB2Bマーケティング強化に邁進している。 1991年、リクルートコスモスに入社。その後、シスコシステムズ、Yahoo! JAPAN(オーバーチュア)、日本IBMにてマーケティング管理職を歴任。2017年12月から現職。日本アドバタイザーズ協会 デジタルメディア副委員長。ACC広告賞審査員。YMCA FCSCボードメンバー。個人的に不登校児と親を支援する活動にも従事。
    She is in charge of B2B solution marketing in Panasonic. She has 25 years’ experiences as a marketing communication professional in both international and JAPAN domestic brands including Cisco Systems, Yahoo! Japan and IBM. She joined Panasonic to lead B2B marketing in Connected Solutions Company from 2017. She is a chairman of international committee, and a vice-chairman of digital media committee of Japan Advertisement Association. A Board member of YMCA FCSC committee.
  • 遠藤 祐子

    遠藤 祐子YUKO ENDO

    カフェグローブ
    編集長
    Editor in Chief, cafeglobe

    多摩美術大学大学院修了後、同大学情報デザイン学科研究室に勤務。のちフリーエディター・ライターとして雑誌、ウェブサイト制作に携わり、2005年、株式会社カフェグローブ・ドット・コムに入社。cafeglobe副編集長、編集長をつとめ、2012年より株式会社メディアジーンでカフェグローブ編集長に。MYLOHAS編集長、女性メディア統括プロデューサーを歴任し2015年より現職。2017年4月カフェグローブ編集長に。

    Yuko Endo is the producer and Chief Editing Officer of Mediagene. She has worked for several women's media since she started her career as a magazine editor. Worked at Cafeglobe.com Inc. as a chief editor of "Cafeglobe" (since 2005) , Joined Mediagene in 2012 and worked as a chief editor of “Cafeglobe" and "Mylohas”. She has been put in charge of directing all medias in Mediagene, including Gizmodo and Lifehacker and so on. She has produced various web contents for women in various generations, and directed a large-scale editorial tie-up advertisement for a major companies. Born in Tokyo in 1973, Graduated from Tama-Art University.

  • 佐久間 裕美子

    佐久間 裕美子YUMIKO SAKUMA

    Sakumag.com
    ライター
    Writer, Sakumag.com

    1996年に渡米し、1998年からニューヨーク在住。出版社、通信社などを経て2003年に独立。著書に「ピンヒールははかない」(幻冬舎)、「ヒップな生活革命」(朝日出版社)、翻訳書に「世界を動かすプレゼン力」(NHK出版)、「テロリストの息子」(朝日出版社)。慶應大学卒業。イェール大学修士号を取得。
    As a New York-based writer, I contribute to numerous Japanese publications (Brutus, Wired Japan, Popeye) and cover a wide range of topics in lifestyle, culture and current affairs. I have written a few books, Hip Na Seikatsu Kakumei (Hip Revolution) and Pin Heel Wa Hakanai (Take Off Your Heels).